【実体験】ペットの美容室で「髪の毛を切ってください!」とお願いしてみた

ロケットニュース24 / 2013年4月10日 10時0分

【実体験】ペットの美容室で「髪の毛を切ってください!」とお願いしてみた

犬や猫のシャンプー・カットしてきれいに保つお仕事「ペットトリマー」(別名:グルーマー)。動物の毛髪を扱うことにかけてはプロフェッショナルなのですが、人間の髪を整えることは可能なのでしょうか?

実際にトリマーに整髪をお願いしてみました。理・美容師もトリマーも「毛」を扱う点に関しては、ほぼ同じ。はたして、どのような髪形に変身するのでしょうか!?

・美容室の必需品がない
今回記者(私)は、知人のトリマーの方に「軽くすいて整えてください」と、無理を言ってお願いしました。当然ながらペットサロンは美容室と全然違います。したがって、美容室では必需品の「ケープ」(髪が体につかないように巻くマント状のもの)がありません。仕方なくゴミ袋を被ることに。

・ドッグバスで洗髪
まずはじめに髪を洗います。洗髪は大型ドッグバスで行います。流しに頭を突っ込んで、犬用シャンプーで丹念に洗ってもらいます。シャンプーは泡立ちが良くさわやかな香り。人間のものとあまり違いがないことに驚きました。しかしちょっとだけ気になったのは、ドッグバスがわずかに匂うこと。普段はワンちゃんが入っているのだから、仕方がありませんね。

・速乾! 大型ドライヤー
洗髪が終わると髪を乾かします。ドライヤーはアーム付きで、両手を離していても髪を乾かすことができる優れもの。しかもこのドライヤー、口が広くて威力があるためアッという間に髪が乾くんです。人間用として使っても良いかも。髪が傷むかもしれないけど。

・くしの使い方の違い
ようやくカットです。ここで美容師とトリマーのテクニックの違いが明らかになりました。美容室ではくしで髪を解き、くしに沿うようにしてハサミを入れます。しかしトリマーは切るときに、あまり櫛を使わないようです。どちらかと言えば、くしはペットの毛並を整えるために用いられるようです。

・一通りハサミを入れて完成
記者の希望通り、軽くすいてもらって完成しました。ヘアスタイリング剤が置いてないため、切って終わりです。最初にゴミ袋を被ったときには、「うまくまとまるのかな?」と心配したのですが、結果としていい感じに整えて頂きました。

ちなみにこのサロンでは、トリミング終了後のペットはケージに入って飼い主が迎えにくるのを待つようです。記者もためしにケージに入ってみましたが、飼い主を待つペットの心細さがほんの少しだけわかった気がしました。

Report:フードクイーン・佐藤
Photo:Yoshio


画像をもっと見る

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング