【緊張】シャルルドゴール空港で国際線の乗継時間が5時間! パリ中心部まで行って飯食って戻れるか試してみた

ロケットニュース24 / 2013年4月17日 13時0分

【緊張】シャルルドゴール空港で国際線の乗継時間が5時間! パリ中心部まで行って飯食って戻れるか試してみた

ウクライナから、パリのシャルルドゴール国際空港に乗り継ぎのために訪れた筆者(私)。成田行きの国際線の乗り継ぎまで約5時間ほどあり、このまま空港にいるのは退屈だ。かといって、離れたパリの中心部まで行って遊んで帰ってくるには短すぎるような気がした。

・パリ中心部まで行って美味しい牡蠣
そこで今回、乗り継ぎで発生した5時間の待ち時間のうちに、パリ中心部まで行って美味しい牡蠣を堪能して空港に戻ってこれるのか試してみた。かなりドキドキである。乗れなかったらかなり悲しい。いや、悲しいどころではない。間に合いそうになかったら迷惑がかからないように空港(航空会社)に電話して乗れないことを伝え、一泊して明日帰るとしよう。結果は……!?

・こんな感じのスケジュール
ウクライナから到着 14:45(エールフランス)
空港に戻っていたい時間 18:00
東京成田へ出発 20:00(ANA)

・まったくフランスに詳しくない
フランスに詳しい人ならば「そんなことは知ってるし、わざわざ試すまでもない」と思うかもしれないが、筆者(私)はまったくフランスに詳しくない。もちろん首都パリにも詳しくない。筆者はパリに3回しか行ったことがないし、すべて鉄道で訪れたので飛行機は使ったことがない。

・着陸から電車への乗車まで約40分かかった
飛行機が着陸したのが14:50ごろ。なんだかんだで移動したり、入国審査をしたり、駅まで移動したりで、電車に乗るまで1時間かかってしまった。時間はすでに15:30になっていた。しかしラッキーなことにパリ北駅までノンストップの特急に乗ることに成功!! いや、乗ったら偶然それだったんだけどね。

・パリ北駅に到着! 牡蠣レストランを探せ!!
パリ北駅に到着して外に出たら、時間はすでに16:00をまわっていた。つまり1時間で牡蠣食べて、1時間で空港に戻れば間に合うかも!? よしダッシュで牡蠣レストランを探すぞーッ!! と意気込んでいたら、なんとパリ北駅の目の前にあった(笑)。観光客が多そうなのでボッタくられるかもしれないが時間ないし仕方あるまい。

・牡蠣を18個注文
さっそくレストランに入って牡蠣を18個注文! あと白ワイン! 丸い牡蠣、長い牡蠣、平べったい牡蠣、肉厚な牡蠣、いろんな牡蠣を堪能ッ! 味付けはシンプルにレモン汁のみッ! たまに白ワインをたらして食べると超絶ウンマァァァァァァァァーーーイ!

・鈍行電車に乗ってしまった
牡蠣と白ワインのみをガッツリと堪能して外に出ると時刻は16:50。キターー! これなら余裕で間に合うんじゃないの!? 特急でグィィーーーンって空港まで行けばOKっしょ! ……しかし考えが甘かった。いや、バカだった。いや、時刻表を見たら選択肢はそれしかなかった。鈍行電車に乗ってしまった。

・待たされることで悪名高い
パリに行くときは特急でノンストップだったが、空港に行くときはほとんどの駅に停車する鈍行電車。まったく土地勘もないしパリも詳しくないのでドキドキしつつ「これ間に合うのか?」と思ったが、17:50に空港に到着!! 間に合った!! しかしパリの空港は飛行機に乗るまでいろいろと時間がかかり、待たされることで悪名高いと聞いたことがある。急げ!

・けっこう余裕だった
あれ? けっこう余裕? 出国手続きが終わって免税店フロアに出たころ、時間は18:10だった。パリ北駅で余裕かまして買ったチーズとサラミのパンを食べつつ、フードスタンドで酒を飲む筆者。ということで、結論は「5時間あればパリまで行って飯くらいなら食って戻れる」ということになる。

・着陸から離陸までの流れ
空港に着陸 14:45
飛行機から出る 14:55
切符を買う 15:25
電車に乗る 15:30
パリ北駅到着 15:55
牡蠣屋に入る 16:10
牡蠣屋を出る 16:50
空港に到着 17:50
出国手続き 18:10
搭乗時刻 19:50
成田に飛ぶ 20:00

・パリにいられる時間は1時間程度
しかし注意しなくてはならない。ご飯を食べて戻ってこれるとはいえ、パリにいられる時間は1時間程度。それにシーズンや天候によって空港の混み具合も変化するし、鉄道が止まってしまうこともあるかもしれない。そこそこのリスクがあるのは間違いないし、オススメはしない。あくまで筆者の場合、今回は可能だったということだ。

Report: Kuzo.


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング