牛角「肉2.9kgとご飯750g」80分以内に食べると賞金もらえる企画 / 時間内に食べきるテクニック7つ

ロケットニュース24 / 2013年4月18日 3時0分

牛角「肉2.9kgとご飯750g」80分以内に食べると賞金もらえる企画 / 時間内に食べきるテクニック7つ

美味しい焼肉チェーンとして有名な『牛角』。安くて美味しいと評判の焼肉店だが、今回おもしろい企画を開催することになった。「牛角カルビ2.9キロ」と「ごはん超盛り(750g)」を80分以内に完食すると賞金がもらえる企画だ。

・食べきる7つのアドバイスを聞いてみた
でもそんなに食べられるの? 実際に当編集部の記者がシミュレーションをして2名で挑んでみたが、2名なのに食べきることができなかった。ということで、今回はTVチャンピオンで「焼肉王選手権」と「デカ盛り王選手権」に出場して準優勝をしたKuzo氏に、7つのアドバイスを聞いてみた。

・牛角イベントで時間内に食べきるテクニック7つ(2名参加を想定)
1. 肉をじっくり焼く
「肉のウマミは脂」といわれるほど、カルビにはたくさんの脂が含まれている。『牛角』のカルビが美味しいのも、この脂が多いからだ(霜降り牛肉が美味しいのと同じ原理)。しかし大量に食べる場合は脂が大敵となる。じっくりと焼いて脂を落とし、焦げる直前の状態にしてから食べるとベスト。

2. 肉をためて一気に食べる
肉を1枚1枚食べていると、満腹中枢が刺激されてすぐに満腹になって食べられなくなってしまう。よって、とりあえず一気に大量に焼いてためておき、ある程度たまったらガッツリと口に運ぼう。焼肉として食べるのではなく、焼肉定食の皿に盛られた焼肉のごとく口に運んで食べるのだ。

3. ごはん担当がごはんを食べる
正直、食べるのが大変なのは焼肉ではなくごはんのほう。きっと、ごはんを食べきれずにリタイアする人が続出すると思われる。ここはごはんをメインに食べる人を決めておき、その人にはごはんだけに専念してもらおう。焼肉担当もご飯を食べていいが、2~3口程度でガッツリ食べないほうがいい。

4. 序盤は肉にタレは付けない
同じものをずっと食べているとすぐに味に飽きてしまう。特に濃い味のものほど飽きてしまうので、とりあえず序盤は自分が飽きたと思うまでとことんタレをつけずに食べよう。最初からタレが付いているはずなので、つけなくてもじゅうぶん美味しい。

5. 終盤は肉に薬味をつけて食べる
終盤はさすがに味に飽きてくるので、逆に味をつけて「飽き」をしのぐ。牛角には塩やニンニク、コチュジャンのような辛味があるので、それらを駆使して味にバリエーションをつけて一気に食べてしまおう。

6. 時間は気にしなくていい
80分の制限時間があるが、それは気にしなくていい。スタートと同時に一気に食べはじめる人もいるはずだが、自分たちはそのペースに合わせる必要はない。なによりも重要なのは「目の前にある肉とご飯をどうやって胃袋に入れるか」という点なのだから。そもそも食べられない人は80分あろうと100分あろとう食べられない。食べられる人は50分であろうと60分であろうと食べられるはずだ。

7. 水を飲みたかったら飲めばいい
よく「食べ放題で水分をとるとあまり食べられなくなって損をする」という話を聞く。確かに間違っていないが、肉ばかり食べるなら話は別。胃袋に入っても水によって膨らむ物質が少ないため、さほど大きな影響を与えない。ただし、ごはん担当者はあまり飲まないほうがいい。膨らみまくる。

・あくまで時間内にすべて食べきるためのテクニック
「あくまで時間内にすべて食べきるためのテクニックなので、味わうとか、楽しむとか、そういう部分を排除したテクニックになっています。このようなテクニックを使わなくてもガンガン食べて完食できる人もいるはずですから、あくまで、食べきるためのひとつの方法だと思ってください」(Kuzo氏 談)

Photo: RocketNews24.


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング