【世界のマクドナルド】ドイツの世界一シンプルなハンバーガー『ウエスタンビーフバーガー』を食べてみた

ロケットニュース24 / 2013年4月24日 9時30分

【世界のマクドナルド】ドイツの世界一シンプルなハンバーガー『ウエスタンビーフバーガー』を食べてみた

ドイツのマクドナルド(以下、マクド)に、普通のハンバーガーよりもシンプルな『ウエスタンビーフバーガー』と『ウエスタンチキンバーガー』があるという。世界中のマクドナルドのなかでもトップクラスのシンプルさだという。えっ? ただでさえマクドナルドのハンバーガーはシンプルだよ?

・シンプルなのに美味しいハンバーガー
シンプルなのに美味しいマクドナルドのハンバーガーは、いつも定番メニューとして世界中で愛されている。しかし、このハンバーガーよりもシンプルとなると、まったくどんなハンバーガーなのか思いつかない! ということで実際に食べに行ってみた。

・ガンガン売っていきたい商品らしい
ドイツのフランクフルトのマクドナルドにやってきた筆者(私)。さっそく『ウエスタンビーフバーガー』と『ウエスタンチキンバーガー』、おまけに『カレーソーセージ』を注文。店頭やサイトでも大々的にPRしていたので、マクドナルドとしてもガンガン売っていきたい商品らしい。

・燻製テイストのウエスタンソース
『ウエスタンビーフバーガー』の包み紙を開けてビックリ! バンズ(パン)をとってみると、中の具はオニオンフライのかけらが3~4粒とパティ(ハンバーグ)だけ! そこに燻製テイストのウエスタンソースがかかっている。確かにこれはシンプルすぎる(笑)。

・芳醇かつスモーキーな匂い
見た目通り味もシンプルで、具の水分量が少ないためパサパサしてはいるものの、ソースから芳醇かつスモーキーな匂いが漂ってきて美味だった。『ウエスタンチキンバーガー』はパティをチキンフライにしたものであり、構成は同じ。こちらはやや油の量が多いのでドリンクなしでムシャシムャ食べられたし、同じくソースがとてもワイルドで美味だった。

・パティ自体に十分なウマミ
普通のハンバーガーにはピクルスやマスタードなどが入っているのに対し、『ウエスタンチキンバーガー』には具といえる具がない。オニオンフライの粒もあってないようなものである。それでも美味しいのは、マクドナルドのパティ自体に十分なウマミがあるからだろう。ソースとオニオンフライは、そのウマミを際立たせるための、必要最低限のわき役なのだ。

・豚肉の肉汁がとても濃くて満足
おまけで注文した『カレーソーセージ』はたっぷりと濃いめのケチャップがかけられていた。あまりにも濃かったのでソーセージのカレー風味を感じられなかったが、なんだかんだ言ってもここはドイツ。ソーセージからあふれ出す豚肉の肉汁はとても濃くて、満足感を得られるテイストをしていた。無料でついてくるパンと一緒に食べると濃さが緩和されて美味。

Report: Kuzo.


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング