太陽の力ってスゴい! 「夏の方がセックスが増えてナンパの成功確率も高まる」という研究結果

ロケットニュース24 / 2013年4月30日 0時0分

太陽の力ってスゴい! 「夏の方がセックスが増えてナンパの成功確率も高まる」という研究結果

天気や季節がセックスやナンパといった男女関係に与える影響は、想像以上に大きいのかもしれない。

英国の2000名の成人を対象に行ったアンケート調査によると、夏の方がセックスの回数が増える傾向が判明。さらに、晴れの日はナンパの頻度が増え、その成功率も高まるのだそうだ。太陽の力ってすごい!!

アンケートを行ったのは、Lovehoneyというアダルトグッズのウェブサイト。2000名の成人に「セックスの回数が最も多い月はいつか?」と質問した。その結果、堂々の一位に輝いたのは真夏の8月。続いて、7月、6月といずれも日照時間の長い月が続いた。

反対にセックスの回数が最も少ない月は、真冬の2月という結果に。次に11月、1月と寒い季節が並んだ。体内時計をつかさどるホルモン・メラトニンのレベルが高くなることで、うつや無気力に陥りやすくなりセックスへの意欲も低くなると言われている。

それにしても、夏にセックスの回数が増えるのはなぜか? その理由のひとつは、男性ホルモン「テストステロン」が増える点にある。ある研究によると、男性は1月よりも6月の方がテストステロンのレベルが33パーセント高くなるのだそうだ。男性はテストステロンの分泌が増えると、オーガズムを得やすくなる。すなわち、セックスにも積極的になるのだ。

また、フランスの南ブリタニー大学が行った研究によると、晴れの日の方が異性をくどく頻度が高まり、またくどき落とせる確率も高まるのだそうだ。気になる相手をくどくには、晴れの日を選んだ方がいいということか!?

肌の露出が増えることで異性の魅力を感じやすくなるなど、夏に恋の気分が高まる要因は色々とあるだろうが、こんなにも天気が男女関係に影響を与えているとは……。とにかく、これから始まる「恋の季節」を堪能しなければもったないぞ〜!

参照元:Mail Online(英文)
執筆:佐藤 ゆき
photo:flickr donjd2


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング