【閲覧注意】勇気を出して「孵化直前のアヒルの卵」を食べてみた

ロケットニュース24 / 2013年5月3日 21時0分

【閲覧注意】勇気を出して「孵化直前のアヒルの卵」を食べてみた

ゆで卵とは、生卵を沸騰したお湯でゆでるというシンプルな食べ物だ。だが、フィリピンには “驚愕のゆで卵” が存在するという。

「いやいや、ゆで卵に驚愕も何もないだろう」とたかをくくっていたのだが、あまりにも熱心に勧められたので実際に探してみると……中には孵化直前のヒナが入っていた!

・フィリピン名物「バロット」
フィリピンの驚愕のゆで卵はその名を「バロット」というそうだ。 “何でもそろう” と有名なマニラの露店市で探していると、若い兄妹が切り盛りする店で売られていた。

お値段は1個13ペソ(32円)である。作り方を聞いたところ、アヒルの産卵から10~20日間ほど経過したものを蒸すか、茹でるかするそうだ。アヒルの孵化日数は28日だと言われている。もうヒナの形になっている頃ではないのか!?

・殻をむいてみた → 脳みそがチラっと見えた
バロットの殻をむいてみると何か固形物が見えた。見たところ、脳みそである! 血管まで鮮明に見えているではないか……。しかもよく見ると、柔らかな細い毛まで生えてきているではないか。これは想像以上! 食べるにはかなりの勇気を要するぞ!

・バロットは親子丼の味がした!
バロットの食べ方はいたってシンプルだ。まず卵の先に穴を開けて、酢と塩を少しだけ入れる。そして卵の中に溜まっているスープをグイっと飲み干す。おお! おおおおお! これは……親子丼の味である!

スープを堪能した後、殻を剥いてガブっといってみた。かぶりついた箇所の断面は内蔵である。食感はまるで軟骨のよう。羽毛が歯に挟まるが、肉と内臓がお口の中でシェイクされ複雑な味わいをかもしているのだ。

・バロットは栄養満点、孵化直前であればあるほど美味
フィリピンでバロットが食べられる理由は、滋養強壮の効果が期待されるためだという。しかし、食べるなら1度に2個までと決まっている。フィリピンには1度に2個も食べるツワモノがいるというのか……。

ちなみに、美味しいバロットの見分け方は、卵の殻の内側から黒ずんだ色が透けて見えるかどうか。黒色が透けて見えるものほど、生まれそうなヒナが入っている可能性が高く美味いらしい。

今回はシンプルに殻をむいて食べてみたが、中身の状態によってはオムレツや串焼きにすることもあるそうだ。卵ひとつとっても、料理の応用範囲は想像以上に広いのである。

Photo:RocketNews24


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング