【衝撃】「おっぱいを10分見つめると健康になれる」という研究は都市伝説だった!? 論文も博士も存在しない可能性浮上

ロケットニュース24 / 2013年5月3日 0時0分

【衝撃】「おっぱいを10分見つめると健康になれる」という研究は都市伝説だった!? 論文も博士も存在しない可能性浮上

最近インターネット上で、「大きなおっぱいを10分見つめると健康になれる」という研究発表が話題になりました。これは、権威ある医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に掲載されたものと言われているのですが、新たな事実が発覚!

かねてからデマではないか? との指摘もあったようですが、都市伝説について伝える海外サイトによると、医学誌にこの研究発表が掲載されたことはないというのです。また発表した博士も存在しない可能性があると指摘。これは一体どういうことなのでしょうか?

・論文も博士も存在しない?
海外サイト「About.com」の都市伝説(Urban Legends)コーナーのデビッド・エメリー氏によると、同誌のデータベースには「女性の胸を見ると健康が増進する」いう内容の論文は存在しないと言います。さらに、研究発表を行ったとされるカレン・ウェザビー(Karen Weatherby)博士という名前も、データベースから発見することができないようです。エメリー氏は「私のわかる範囲では存在しない」としています。

・初めてネットで話題になったのは2000年頃?
エメリー氏の推測では、2000年3~4月頃に初めてインターネット上で話題になったとのこと。当時出回った文章には「発育した女性の胸を10分間見ることは、30分のエクササイズと同等の価値がある」と記されています。最近話題になった内容と同じと見て良いでしょう。

・さらに起源はさかのぼる?
驚くのはまだ早いです。実はこれ、1997年のタブロイド紙にすでに類似した内容が掲載されていたのだとか。エメリー氏は、1997年5月13日の「Weekly World News」紙面のリンクを紹介しています。それを見ると、やはり同じような内容が記述されています。

・なぜ今頃話題になった?
実のところ、たびたび世界中のメディアでこの内容が取り沙汰されることがるようです。近年では、米大手メディアFOXニュースが2011年3月に取り上げました。その数カ月後に、今度はスコットランドのメディアが紹介、同時期にイギリスメディア「Daily Record」も同様の内容を掲載しています。もっとも最近では、ナイジェリアのメディアが2013年4月に報じたとのことです。

以上を踏まえると、「大きなおっぱいを10分見つめると健康になれる」は都市伝説だったと言わざるを得ないでしょう。男性諸氏はもしかしたらガッカリかも。気を落とさずに、地道に健康増進に励んでくださいませ……。

参照元:About.com,Weekly World News(1997年5月13日の紙面:英語)
Photo:Rocketnews24


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング