網走ビール株式会社の『流氷ドラフト』がマジで青くて笑った / これマジで酒です

ロケットニュース24 / 2013年5月16日 12時0分

網走ビール株式会社の『流氷ドラフト』がマジで青くて笑った / これマジで酒です

ビールとか発泡酒っつたら色はクリアな茶色なのが常識! 茶褐色! ブラウン! こげ茶色! 栗色! だいたいそんなものだが、なんとブルーのものも存在するのをご存知だろうか? マジでブルーなのである。ブルーすなわち青! 実際に飲んでみた。

・その名も『流氷ドラフト』
ブルーの発泡酒を販売しているのは、北海道の網走ビール株式会社。その名も『流氷ドラフト』(流氷DRAFT)というブルーの発泡酒を瓶で販売しており大人気なのだとか。瓶の色をブルーとかレッドにして中身は透明だったりする酒は多数あるが、これは本当にブルーなの?

・かなりのブルーっぷりに青ざめた
実際に購入し、販売店でグラスを借りて検証してみたところ……。マジでブルー! 本当にブルー! かなのブルーっぷりに青ざめた。実際に飲んでみたが、非常にスッキリとしていてキレのあるテイスト。まさに流氷の繊細かつ透き通ったイメージにぴったりである。

・流氷をイメージして作られた
麦芽、ナガイモ、ホップなどで構成されたこの『流氷ドラフト』は、流氷をイメージして作られたもの。クチナシ色素を使用しており、どうやら合成着色料は使用していないようだ。こういうのって居酒屋のメニューにあると、ついつい注文したくなるもの。しかし全国であまり見かけないので、消費者としては残念である。

参照元: 『流氷ドラフト』(網走ビール株式会社)
Report: Kuzo.


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング