衝撃! ハンドバッグはトイレよりも汚いことが判明 / 革製品は特に細菌が繁殖しやすい

ロケットニュース24 / 2013年5月16日 17時0分

衝撃! ハンドバッグはトイレよりも汚いことが判明 / 革製品は特に細菌が繁殖しやすい

女性のファッションアイテムのひとつであるハンドバッグ。高価なブランド品やお気に入りの物など、長年愛用して大事にしているという方も多いだろう。だが、日頃からきちんとお手入れをしている人はどれくらいいるだろうか。

最新の調査で、ハンドバッグには多くの細菌が繁殖しており、トイレよりも汚いことが明らかになったそうだ。手に持つものがトイレよりも汚れていたとは……これは必読である。

・ハンドバッグはトイレより汚い
イギリスの清掃会社「Initial Washroom Hygiene」が行った調査によると、女性が普段持ち歩くハンドバッグには、平均的な衛生状況のトイレよりも多くの細菌が繁殖していることが判明したという。特に、持ち手の部分は汚れが酷く、ハンドバッグの5個に1個は持ち手の部分に人体へ害を与えうるレベルの細菌が潜んでいたとのこと。

・バッグの中に入れているハンドクリームの汚さは便座以上
女性がよくバッグに入れておくアイテムのなかでは、ハンドクリームがもっとも汚れていることもわかったそうだ。ハンドクリームの容器には非常に多くの細菌が付着しており、その汚染レベルは便座以上だったという。わざわざ便座の汚さを手にぬっているということ……!?

その他にも、ハンドクリームほどではないが、口紅やマスカラの容器にも細菌の繁殖が目立ったそうだ。

・細菌が増殖しやすい素材は革
また、バッグ自体の素材別にみると、汚染レベルがもっとも高いのは革製品であることが判明。これは、革に特有の質感が細菌にとって繁殖しやすい環境であるからだという。

・手洗いとバッグのお手入れが大事
調査チームを率いたピーター・バラット氏は、「ハンドバッグは、持つ人の手や様々な物の表面に接触する機会が多く、多種多様な細菌が伝染しやすいのです。しかも、バッグは服と違って、あまり頻繁に手入れされないものです」と説明している。そのため、細菌の繁殖を防ぐには、とにかく手洗いとバッグ磨きを定期的に行い、衛生的に保つことが大事であるとのことだ。

様々な場所に持ち歩いたり置いたりする分、汚れやすいのは当たり前のことだが、まさかトイレよりも汚かったとは驚きである。バッグのお手入れなんてしたことないという人も、たまには磨くことを意識してみてはいかがだろうか。

参照元:Mail Online(英文)
photo: flickr Denna Jones


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング