【閲覧注意】ロシア軍人が頭に被弾! 銃弾を豪快にペンチで引き抜く

ロケットニュース24 / 2013年5月21日 20時0分

【閲覧注意】ロシア軍人が頭に被弾! 銃弾を豪快にペンチで引き抜く

その豪快な気質から「戦闘民族」と名高いロシア人。そのロシア人が心身ともに屈強であることを証明した動画が話題となっている。

この動画の主人公は一人の軍人だ。任務の途中、被弾したらしく、頭に銃弾が刺さった状態である。医療器具もない戦場で彼は一体どうするのか。なんとペンチを使って弾を引き抜こうというのだ。マジかよ!? その様子は動画で確認できる……かなり閲覧注意なので覚悟のある人だけ見てほしい。

海外サイトによると、この動画は2000年頃のチェチェン紛争時のものであるという。彼はAK-47の十字砲火を浴び、おでこに弾が命中してしまったそうだ。幸い弾は貫通せず頭に刺さった状態。頭部以外には大きなケガもなくピンピンしているようだ。

だが、弾の処置は必要。とはいえここは戦場だ。医療施設も医療器具もない。すると仲間が工具のペンチを持ってきたぞ。なんとペンチで弾を引き抜こうというのだ。

肉に鉄の塊がめりこんだ瞬間はメッチャ痛いはず! 逆にめりこんだ弾を引き抜くのも絶対痛いはず!! ホントにやっちゃうのー!? ……って抜いたーッ!!

この動画にネットユーザーは

「マジで!?」
「彼はサイボーグか!?」
「彼の頭蓋骨は鋼鉄でできているのかもしれない」
「ロシア人は銃弾より強い」
「安定のロシアっぷり」
「リアル・ターミネーター」
「スーパー人間だ!! ロシア人に敬礼ッ」

と驚きを隠せないようである。

引き抜く瞬間は思わず目をそむけたくなるが、ペンチによる摘出は無事に成功。被弾した男性もとびきりの笑顔をカメラに向けている。抜く方も抜かれる方も肝が座っていないとできない業(わざ)である。精神的にもメチャ屈強。さすがはロシア、おそロシアだ。

参照元:YoutubeMail Online(英語)
執筆:沢井メグ

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング