【三十代女子の恋愛奮闘記】自分から誘っておいて「連絡がない男」の胸の内

ロケットニュース24 / 2013年5月27日 9時0分

【三十代女子の恋愛奮闘記】自分から誘っておいて「連絡がない男」の胸の内

皆さんは、自分から誘っておいて連絡がない人に遭遇したことってありますか? 自分から誘っておいて、そのあと音沙汰なしはないでしょ! 今回はそんな男性の胸の内を考えてみたいと思います。

・飲みに行こうと誘われて……
筆者の体験からお伝えしましょう。数カ月前のことです。午前中に、知人男性から「今夜空いているなら、キミの誕生日祝いも兼ねて飲みに行こう」とメールが来ました。筆者はすぐに、今夜空いている旨を返信しました。しかし……、それっきり待ち合わせの時間や場所などに関していっさい連絡が来ないのです! 結局、その日飲みに行く約束は流れました。

・連絡をもらえない女性たち
このような経験をしたのは筆者だけかと思いきや、周囲の女性陣にこの話をしたところ、同じような経験をしている人も少なくないことが判明。何度かデートしているいわゆる「いい感じ」の段階にある男性から、「次回は○曜日に会おう」と誘われたので、「楽しみにしているね」と返したところ、それっきり連絡が途絶えたという女性もいました。

・数日後に相手はしれっとメールしてくる
正式交際している彼氏から、「○日に会おう」と誘われ、OKメールを返したにもかかわらず、それっきり連絡が来なくなった女性もいました。なお、全てのパターンに共通していえるのは、数日後に相手男性からしれっと別件でメールが来たとのこと。これらの男性はいったいどういうつもりなのでしょうか?

連絡がない理由:メール送受信のエラー
いかに通信が発達した時代とはいえ、メール送受信の際に何らかの不具合があり、送ったつもりのメールが届いていないこともあります。まず、女性側からの「空いているよ」というメールが届かず、男性側が「返事が来ないのは断りの証拠か」と判断した可能性が考えられますね。男性側からの、「じゃあ○時に△△駅前で」というメールが届いていない場合は、さすがに確認の連絡が来るでしょうから、この可能性は低いとして、男性側に急用が入り「ごめん、急な仕事が入ったからまた誘うよ」というメールが届かなかった可能性は充分ありえます。

連絡がない理由:バタバタ忙しくしているうちにキャンセルメールを送り忘れた
仕事など急な用事が入り、キャンセルの連絡を入れなきゃと思っていても、バタバタしているうちに送るタイミングを逃すこともあるでしょう。気付いた時にはもう深夜で、今さらメールしても遅いと判断する男性もいるかもしれません。

連絡がない理由:「連絡がない = キャンセル」と思っている
自分から誘った場合でも、急に面倒くさくなることってありますよね。しかし、自分から誘っておいてやっぱりキャンセルというのが気まずいため、「連絡がないこと = キャンセル」と思ってくれというスタンスの男性も存在します。

・返事を待つよりこちらからメール
理由はなんであれ、「自分から誘っておいて連絡なしって何よ、プンスカプン!」とキレるよりは、「今夜どうするの?」と、こちらから聞いたほうがスマートです。「なんで私から御伺いを立てなきゃいけないのよ!」という腹立たしい気持ちはよくわかりますが、メールエラーの可能性もあると思って、とりあえず一回は聞いてみましょう。

恋愛コラムニスト:菊池美佳子 Twitter / ブログ
イラスト:マミヤ狂四郎


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング