『牛角』と『吉野家』のTwitterの中の人のキャラクターがカブっている件

ロケットニュース24 / 2013年5月27日 20時0分

『牛角』と『吉野家』のTwitterの中の人のキャラクターがカブっている件

個人が Twitter をやるのは当たり前。企業や店も Twitter でお客さんたちと交流を深めるのが当然の時代となっている。人気の企業Twitter といえばシャープ(SHARP_JP)や日産自動車(NISSAN)など多数あるが、飲食店では牛角(gyukaku29)や吉野家(yoshinoyagyudon)が人気だ。

・キャラクターがカブっている
そんな牛角と吉野家のTwitterアカウントだが、双方ともキャラクター(性格)がカブっているという。企業が違うから同じ人が書き込みしているわけじゃないし、そもそも「カブっている」というのはどの部分がカブっているというか? それは!

・同じ人が話しているかのように思える
どちらも語尾に「ぎゅう」「ぎゅ~」などの牛語をつけてコメントするため、同じ人が話しているかのように思えるというのだ。つまり牛語で話しているのだ。実際に双方のコメントを読み比べてみたが、確かに同じキャラクターをしている気が……。吉野家のほうがややテンションが高いときもあるが(笑)、それでも似ているのは確か。

・吉野家Twitterコメント
「おはようございまぎゅう!」
「すっかり初夏の陽気が感じられるようになってきたでぎゅうね」
「つゆだくデビュー、おめでぎゅうぅぅぅ~~~」
「ゅぎゅ…!! もうこんな時間!! 大急ぎで牛丼補ギュウしないと倒れちゃうでぎゅう!」
「お腹が「ぎゅうぎゅう」鳴るなーと思ったらもう12時過ぎてるんでぎゅうねっ」
「風邪引いちゃったんでぎゅうか?早く善くなりまぎゅうように」

・牛角Twitterコメント
「ひるぎゅ~、どころか、そろそろよるぎゅ~」
「これから社内であるイベントの実験だぎゅ~!」
「今日は焼肉に合うサイドメニューの試食会だぎゅ~♪」
「じぇじぇ!? が流行っているそうですが、ぎゅぎゅ!? も流行らないかな?」
「おはぎゅ~! お久しぶりのおはぎゅ~です」
「今日もあったかいぎゅ~♪」

・吉野家のほうがブッ飛んでます
この件に関して両社の Twitter を観察している記者はこう語る。「どちらかというと吉野家さんのほうが牛語を使いまくりでブッ飛んでます。牛角さんは標準語の比率も多いので、まだ冷静な部分があって牛語を控えめにしている感じがあります」。なるほど、これからも両社の Twitter から目が離せないでぎゅう~。

参照元: Twitter / gyukaku29 / yoshinoyagyudon.


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング