韓国歌手PSYがイタリアのサッカー場で『江南スタイル』を披露 → 観客から大ブーイング! → 韓国メディア「人種差別だ」

ロケットニュース24 / 2013年5月27日 14時5分

韓国歌手PSYがイタリアのサッカー場で『江南スタイル』を披露 → 観客から大ブーイング! → 韓国メディア「人種差別だ」

2012年に話題になった韓国歌手PSY(サイ)が、イタリアのサッカー会場で行ったパフォーマンスで観客から大ブーイングを受けたようです。なぜブーイングを受けたのかは不明ですが、このことについて韓国メディアは「人種差別」として、会場のサッカーファンを批判しています。

・イタリアカップ決勝のステージ
PSYがパフォーマンスを行ったのは、イタリアのサッカークラブによって争われるイタリアカップの決勝式典でした。世界的にヒットした『江南スタイル』を披露したのですが、演奏が始まると会場から一斉にブーイングが上がったのです。

・楽曲終了とともにブーイング一色に
パフォーマンス中、会場から批判的な声がやまないことに、PSYは困惑している様子。楽曲が終了すると、ブーイングのボルテージは最高潮に達し、地鳴りのようにさえ聞こえる「ブー!」という声が、会場を包みました。

・イタリアサッカーファンを韓国メディアが批判
このことについて韓国メディアは、「(PSYは)演奏途中に、悪名高いサッカーファンからヤジを受けた」と報じ、決勝に参戦した2チームは過去にも人種差別的な行動で非難されてきたと、他の報道を元に紹介しています。

・ブーイングは差別的であったのか?
PSYに向けられたブーイングは、人種差別的なものだったのでしょうか。イタリアカップ決勝戦へのPSYの出演、そしてPSYのパフォーマンスに対するサッカーファンの反応、みなさんはどう思われるでしょうか。

参照元:YoutubeYTN(韓国語)


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング