秋田県民のフラストレーションは限界「地図で男鹿半島が省略されていると悲しくなります」

ロケットニュース24 / 2013年5月31日 14時0分

秋田県民のフラストレーションは限界「地図で男鹿半島が省略されていると悲しくなります」

いにしえの時代より秋田県民がフラストレーションをためていることがある。地図で「男鹿半島が省略される行為」である。秋田県にとって男鹿半島は欠かせないポイントであり、地図にした場合の地形のアクセントとしても重要な地域である。

・男鹿半島が省略されツルッとした状態に
しかし、天気予報や全国アンケート、そのほか簡易的に作られた日本地図のほとんどで、男鹿半島が省略されツルッとした状態にされているのである! 存在が消されているのだ!

・男鹿半島があるから秋田県ということがわかる
「男鹿半島が省略された日本地図を見ると悲しくなります。子どものころから非常に屈辱的だったし差別されていると感じていました。男鹿半島があるから秋田県ということがわかるわけで、男鹿半島を省略した秋田県なんて、形状的に岩手県や山形県と区別がつきません」(秋田生まれ 談)

・削るか残すかでいえば「残す」が正しい
あまりにも小さい半島や湾が地図で省略されるのは仕方がない。それは秋田県民もすごくよく理解している。しかし、男鹿半島はけっこう大きく日本海に出っ張っており、省略するには大きすぎるのである。つまり省略すべきではないのだ! 削るか残すかでいえば「残す」という選択肢が正しいのである!

・東北地方に範囲を狭めた地図でも省略?
最悪の場合、東北地方に範囲を狭めた簡易地図でも男鹿半島が省略されることがあるという。これはけしからん。この件に関して秋田県秋田市でフリーターをしている男性Aさんに話を聞いたところ「どっちでもいい。男鹿半島が描かれてても自分の生活が豊かになるわけでもない」と語っていた。なるほどなるほど。


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング