【グルメ】パイナップルラーメン専門店『パパパパパイン』のカップラーメンがデイリーヤマザキで売ってるぞ!

ロケットニュース24 / 2013年6月4日 8時0分

【グルメ】パイナップルラーメン専門店『パパパパパイン』のカップラーメンがデイリーヤマザキで売ってるぞ!

パイナップルラーメン専門店『パパパパパイン』のカップラーメンがデイリーヤマザキ(デイリーストア)で販売中だ。『パパパパパイン』のラーメンは、パイナップル果汁のスープにパイナップルが具として入っており、非常に奇抜ながら、絶妙な酸味と甘味で新たな美味しさを表現している絶品料理だ。

・デイリーストアで販売されている
そんな奇抜すぎるパイナップルラーメンのカップラーメンが、デイリーヤマザキで販売されているのである! 店舗が東京都の西荻窪にしかないため、いままで食べられなかった人も多いと思われる。しかしこれで『パパパパパイン』の味を堪能できるというわけだ。でも味はどうなの? 再現できてるの? 美味しいの? 実際に食べてみた。

・『とかち麺工房』が作りました
メーカーは味に定評のある『とかち麺工房』。開封すると麺のほかにレトルトの具、乾燥具材、特製スープ、そしてスパイスが入っている。熱湯を内側の線まで入れ、具をふたの上に乗せて温めつつ4分待って完成だ。

・パイナップルの甘さを引き立てる存在
こだわりを感じたのはその具材だ。胡椒と唐辛子は「パイナップルの甘さを引き立てる存在」であり、キリッとさせるために重要なのだが、店舗と同じようにしっかりと入っていた。麺は細いながらもコシがあるようで、箸でつまむとその硬さが感触として伝わってくる。では食べてみよう。

・パパパパパインの断片を知ることができる
んんっ!? んー! んんー! んんんっ! 結論を言ってしまうと、当然ながら店舗のラーメンとは違う。しかしまったく違うというわけではないし、けっしてまずいわけではない。むしろカップラーメンとして考えた場合とても美味しい。つまりこれは「パパパパパインの断片を知ることができるカップラーメン」ということになる。

・パイナップルの甘味と酸味
麺の硬さがごく微量の酸味にマッチしており、ズルズルッとすするたびに心地よい食感と酸味を感じることができる。これはウマイ。しかしながら、これを『パパパパパイン』そのものの味と思わないほうがいい。厳しい言い方をすると、パイナップルの甘味と酸味が本物には遠く及ばないのだ。麺にももう少し弾力がほしい。

・ハードルの高い繊細なラーメン
ここで「もっと追求して味を再現してくれ!」と言うこともできるが、あの妥協しない『とかち麺工房』がやってこのクオリティだと考えると、これが追求の限界なのかもしれない。つまり、本家『パパパパパイン』のラーメンは再現が難しいハードルの高い繊細なラーメンだといえる。

・結論
カップラーメンとしてはとても美味しい
『パパパパパイン』のカップラーメンとしてはさらなる努力が必要
『パパパパパイン』のパイナップルラーメンは超美味しい

・本家にもっと近くする方法を伝授!
このカップラーメンを、本家『パパパパパイン』のラーメンに近づける方法を伝授しよう。熱湯を本来の2/3まで入れ、3分でふたを開けて食べよう。そうすることで、スープの酸味が際立ち、胡椒の効果も増加。より『パパパパパイン』らしい味になる。本家に行けないけど本家に近い味を堪能したい人は通販で冷凍ラーメンを買うとよい。

・今回ご紹介したカップラーメンの本家
店名 パパパパパイン
住所 東京都杉並区西荻南3-12-1
時間 11:00~20:00
休日 水曜日

参照元: パパパパパイン / Twitter.
Report: Kuzo.


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング