鹿児島にある「日本一の回転寿司屋」に行ってみた! 回転寿司という枠組を完全に超越していた!!

ロケットニュース24 / 2013年6月9日 21時0分

鹿児島にある「日本一の回転寿司屋」に行ってみた! 回転寿司という枠組を完全に超越していた!!

先日、記者(私)が鹿児島を訪れたときのこと。とあるガイドマップに、鹿児島市内に日本一の回転寿司屋があると紹介されていた。その名も『廻る寿司めっけもん』一体なにが日本一なのか? 安さ? ネタの大きさ? 気になったので行ってみた!

・威勢の良い掛け声が響く店内
パっと見、フツーの回転寿司屋である。一体全体、何が日本一なのか? どうやらテレビ番組の全国寿司コンテストで優勝した店だという。これは期待できるゾーッ!

・最初にオススメしてくれたのは「アジ」
職人さんが最初にオススメしてくれたのは、刻みネギとおろし生姜がのったアジの握り。そしてなぜか身を削いだアジの飾りが付いてくる。「その意図は……?」と思いつつ寿司を食べ終えると、先ほどのアジの飾りを素揚げにしてくれた! アジはプリプリで美味しく、素揚げはサクサクで香ばしい! なんなんだ、この高級寿司屋顔負けのサービスは……。

・次に食べたのは「サバ」「タケノコ」
次に職人さんがオススメしてくれたのはサバの握り。むむむ! こ……これもウマイ。なんというプリプリ感ッ!  あまりのウマさに、口に入れたお寿司を飲み込みたくないっ。も、もっと味わっていたい……。

すると職人さんは、「タケノコ(ニガタケ)の握り寿司もどうですか?」とすすめてくれた。これは、素揚げのタケノコを塩レモンで頂くもので、ほんのりした苦味とタケノコのうまみが口に広がる究極の1品だ。幸せすぎる! 幸せすぎるゾぉぉぉ!

・養殖じゃなく天然の魚を使う
なお、この回転寿司屋で使っている魚は通常、屋久島・種子島・甑(こしき)島近海のもの。しかも、毎朝市場から仕入れた天然モノを新鮮なうちに使うそうだ。もちろんシャリも職人さんがひとつひとつ丁寧に握る。

・是非みなさんも一度は食べてほしい
『廻る寿司めっけもん』は回転寿司という枠組を完全に超えていた。「廻らない寿司屋になぜかベルトコンベアがある」と表現した方が正しいだろう。ネタへの情熱、そして「寿司は手でなく心で握る」という奉仕と謙虚の心。まさに日本一といわれるゆえんだ。

■今回紹介したお店
店名:廻る寿司めっけもん ドルフィンポート店
住所:鹿児島市本港新町5-4(ドルフィンポート内)
営業時間:午前11時~午後10時
※今回のお店以外にも鹿児島市内に4店舗、霧島市内に1店舗展開中

Report:世界のショウゴ


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング