話題の「ペヤング たらこやきそば」を食べてみた

ロケットニュース24 / 2013年6月13日 12時0分

話題の「ペヤング たらこやきそば」を食べてみた

子供から大人まで多くの人に愛される「ペヤング焼きそば」。そのペヤングから2013年6月に「ペヤング たらこやきそば」が発売された。たら……こ? 焼きそばにたらこ? パスタじゃなくて焼きそばだよね? 一体、どういうことなんだよ! ということで、早速コンビニで買って食べてみた。

・「ペヤング たらこやきそば」
「たらこやきそば」と通常のペヤングと大きく違うのが目に染みるほど強烈なピンクのパッケージである。たらこやきそばのソースは液体状のたらこソースだ。「生風味」をうたっているだけあって、これは期待できそうだ。ちなみに「かやく」はキャベツである。

・作り方
作り方は至って簡単だ。かやくを麺の上にあけ500mlのお湯を麺に入れて3分待ち、最後にソースと「きざみのり」をふりかければ完成。固めが好みなら2分ほどでもいいだろう。

・実際に食べてみた
ソースをかけ混ぜると、湯気に乗ってたらこの香りがふわっと引き立つ。早速一口食べてみたところ……実に悲しい気持ちになった。なぜなら、香りだけはしっかりあるのに味が薄いからだ。たらこが足りない! 圧倒的に足りないのである。

・ソースが足りないペヤングはリーダー不在のチーム
本来ならソースは麺とかやくというメンバーをまとめる「リーダー」だ。麺はモサっとした油揚げ麺としっとり甘いキャベツは全くもって方向性が異なる。だがそこにソースが入ることで「ソースさんが言うなら」と、うまいことまとまっていたのだ。

しかし、肝心要のソースが絶望的に足りない。麺とかやくはてんでバラバラになってしまい、一緒に食べても一体感を感じられないのである。

・ソース自体は美味しいのに……
ソース自体はいい具合の塩加減。プチプチの食感こそないものの、たらこ一粒一粒を目視することができ「生風味のたらこソース」に恥じないものだ。だが量が足りないばかりに、良さが見えなくなっているのはとても残念である。

・とにかくソースを増やしてほしい
とにかくソースの量を増やしてほしい。2倍くらいあってもいいかもしれない。そのときこそ、ペヤングやきそばとたらこソースをかけ合わせる意義が見えてくるように感じられる。

Report:沢井メグ


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング