【トリビア】キリンビールには海外でしか売られていない『キリンライトビール』が存在する

ロケットニュース24 / 2013年6月13日 21時0分

【トリビア】キリンビールには海外でしか売られていない『キリンライトビール』が存在する

キリンビール株式会社といえば、日本を代表する美味しいビールの企業だ。しかし「日本だけ」ではなく世界的にも有名なビール会社だということをご存じだろうか? 実はアメリカのアンハイザー・ブッシュ社と提携して北米の工場でもビールを生産しており、さらに北米限定のビールまで存在するのである!

・ロサンゼルス工場で作られている
北米で生産しているビールは『キリンラガービール』と『キリン一番搾り』、そして『キリンライトビール』である。どれもロサンゼルスの工場で作られており、『キリンライトビール』は現在日本で売られていないビールである。

・日本で売られていない幻のビール?
ロサンゼルス工場で作られているキリンのビールは、どれも北米市場向けに作られているもの。よって日本には入ってこないが、その味は日本のものとまったくかわらないという。興味深いのは、やはり『キリンライトビール』の存在だろう。日本で売られていないといわれると、ぜひとも飲んでみたくなる!

・スーパーで『キリンライトビール』を発見!
それらのビールは北米全域に出荷されている。スーパーマーケットや酒屋で買うことができ、そして居酒屋やバーなどで飲むことができるという。筆者(私)はロサンゼルスのスーパーであっさり『キリン一番搾り』と『キリンライトビール』を発見!

・雑味がなくクリアなテイスト
ホテルに持ち帰って『キリンライトビール』を飲んでみたが、これがまた美味。スッキリした爽やかさを感じることができ、まさに「喉を潤わせたいときに飲むと最適なビール」といった感じだ。雑味がなくクリアなテイスト。とはいえ薄いのではなくコクがある。まさに「うまい!」がそこにある。

・日本でも売ってくださいキリンさん!
ホテルで飲むよりワイワイ賑やかな所で飲みたい! ということで居酒屋やレストランに行ってメニューを見ると、ちゃんと『KIRIN LIGHT BEER』と書かれている。試しに寿司や天ぷらと一緒に食べてみたが、これが合うんだわ。やばいくらいに合う。油料理の「油っぽさをバッサリと斬る」という感覚! ということで、日本でも売ってくださいキリンさん!

Report: Kuzo.


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング