【残酷】体中にBB弾を受けた犬のレントゲン写真に怒りの声「なぜだ!」「犯人を捕まえて牢屋にぶち込め!」

ロケットニュース24 / 2013年6月17日 9時0分

【残酷】体中にBB弾を受けた犬のレントゲン写真に怒りの声「なぜだ!」「犯人を捕まえて牢屋にぶち込め!」

ソーシャルサービス『Facebook』に、大変ショッキングな画像が公開され、アメリカのインターネットユーザーの間で物議をかもしています。

・80~100発のBB弾
その画像とは、犬のレントゲン写真。ただのレントゲン写真ではなく、その犬の体には無数の小さな丸い物体が写り込んでいるのです。これは「BB弾」と言われる遊戯用銃のプラスチック製の弾丸です。この犬は何者かによって、何度となく射撃の的にされていたと見られています。

・保護されたラブラドール
画像をFacebookに投稿したのは、米メイン州リンカン郡の動物保護施設です。最近、「レディ」という名前のメスのラブラドール犬を保護したそうなのですが、飼い主が現れず、卵巣摘出手術をして新しい飼い主を募る予定でした。

・顔の妙なでこぼこ
手術前、獣医はレディの体の異変に気づきました。鼻先から顔全体にかけて、妙なでこぼこがあることに気づいたのです。原因は不明でしたが、卵巣の手術に合わせて調べようと、レントゲン撮影を行いました。

・体中からBB弾発見
そうしたところ、顔だけでなく体全体から尻尾にいたるまで、BB弾が埋まっているではないですか。その数、推定で80~100個。幸い命にかかわる傷を負っていなかったため、BB弾の摘出手術は即座に行わなかったそうです。

・心を痛める愛犬家たち
現地警察は元の飼い主を探すとともに、一体誰がレディを虐待したのか、捜査を進めているとのことです。動物保護施設が公開したレントゲン写真には、アメリカをはじめとする愛犬家たちから、「なぜだ! なんでこんなヒドイことをするんだ!」や「犯人をとっとと捕まえて牢屋にぶち込め!」、「胸が痛む」など悲痛なコメントが相次いでいます。

・新しい飼い主
ちなみにレディはすでに新しい飼い主に引き取られて、BB弾を摘出する手術を受けるの準備を進めているそうです。この先、レディが新たな飼い主とともに、穏やかな日々を送れることを願います。

参照元:WCSH6.com,Facebook Lincoln County Animal Shelter(英語)


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング