【三十代女子の恋愛奮闘記】二股をかけられている状況で注意すべき3つのポイント

ロケットニュース24 / 2013年6月17日 22時0分

【三十代女子の恋愛奮闘記】二股をかけられている状況で注意すべき3つのポイント

「いま現在、付き合っている人はいますか?」と質問した場合、「……イチオウいる」という、なんとも歯切れの悪い回答をする人もいます。そんな人はもしかしたら、二股をかけたりかけられたりしているかもしれません。今回はそんな複雑な恋愛事情に関するお話です。

・二股をかけられている
先ほどの質問に、「(付き合っている人が)イチオウいる」とは、どういう状況なのでしょうか? 虹嫁など、二次元キャラとの仮想交際を指す場合もあるでしょうが、ここでは三次元の「二股をかけられている」という状況に限定して、話を進めさせて頂きますね。

・自分で納得できているなら二股をかけられていてもOK
二股をかけられている皆さんは、周囲の友人から「そんな不誠実な人、やめておきなよ!」と言われることがほとんどでしょう。しかし本人が納得しているのなら、第三者がとやかく言う必要はないと私は思います。とはいえ、注意ポイントはいくつかあります。

注意ポイント1.相手の言葉を鵜呑みにしないこと
二股をかけられている状態で、「本命の恋人とはとっくにうまくいっていない」とか「時期を見て本命とは別れ、あなた一人に絞るつもり」などの甘い言葉を囁かれることもあるでしょう。しかし話半分に聞いておきましょう。いや、話半分どころか、1ミリも信用してはいけません。もしかしたら、本命の恋人とは超ラブラブなのかもしれません。このような言葉は、あなたとのアバンチュールを盛り上げるために演出的な意図で言っているだけというケースもあります。

注意ポイント2.相手の誕生日やクリスマスは諦めるべし
交際相手に本命の恋人がいる以上、諦めなければいけないイベントがあるはずです。たとえばあなたの誕生日は、祝ってもらえるかもしれませんが、交際相手の誕生日を当日に祝うことは難しいでしょう。また、クリスマスを共に過ごすことは諦めてください。当日を一緒に過ごせず、一人やさぐれて過ごすのもセカンドの醍醐味……、とアンニュイモードに酔いましょう。

注意ポイント3.本命とされる人物の悪口は口が裂けても言うべからず
本命とされる人物が憎くてたまらない気持ちはわかりますが、それを言葉に出してしまうのはルール違反です。悪口を言うことで何らかのメリットがあるならまだしも、交際相手を萎えさせるだけです。二人で過ごしている時は、そこにいない人物の悪口を言うよりも、今その時を楽しく過ごすことに集中しましょう。

以上、二股をかけられている状況での注意ポイントです。何かと制約が多いと感じるかもしれませんが、それは致し方のない。耐えられないと思うなら、関係を考え直すのもアリかもですよ。

恋愛コラムニスト:菊池美佳子 Twitter / ブログ
イラスト:マミヤ狂四郎


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング