モスクワ地下に映画館やカフェを備える「秘密の地下街」発見! 200人以上の不法入国者を拘束

ロケットニュース24 / 2013年6月18日 13時0分

モスクワ地下に映画館やカフェを備える「秘密の地下街」発見! 200人以上の不法入国者を拘束

悪いヤツらが潜む「アジト」といえば地下であるが、アジトどころのレベルではない、超ド級の巨大アジトがロシアの地下で発見された。場所は首都モスクワの地面の下。そこは「地下街」といっても過言ではないレベルの規模であったという!

・地下に映画館・カフェがある
モスクワ警察が発表したところによると、地下には映画館やカフェがあり、200人もの不法入国者が生活していたという。一体全体、彼らはここで何をしていたのであろうか?

2009年に強制閉鎖した地下市場
この地下街はもともと、「チェルキゾフスキー市場」と呼ばれる地下市場だった。不法入国者や闇取引が後を絶たず、2009年にロシア政府が強制的に閉鎖した。ところが!

・24時間体制でコピー商品を製造
閉鎖されていたはずの地下街に、なぜか大勢の人がいた。181人のベトナム人と88人の中央アジア人である。そして122台ものミシンまで見つかった。なんと彼らは24時間体制で有名ブランドのコピー商品を製造していたのである!

・カジノやニワトリ小屋まで
さらにさらに、映画館・カフェだけではなく、カジノやニワトリ小屋まで存在していたという。縫製工場としてだけではなく、娯楽施設も完備され、なかなか充実した環境だったようだ。

・ロシア全体で300万人
実は今回発見された不法入国者はほんの一部で、ロシア全体では推定300万人いると見られている。当局は2012年だけで1万6000人を国外退去させているが、不法入国を完全に取り締まるのには、まだまだ時間がかかりそうだ。

参照元:YoutubeRT(英語)


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング