死を覚悟した夫が66年間連れ添った妻に贈った「ひとつの歌」が世界で感動を呼ぶ!

ロケットニュース24 / 2013年6月18日 16時0分

死を覚悟した夫が66年間連れ添った妻に贈った「ひとつの歌」が世界で感動を呼ぶ!

愛する人へ贈ったひとつの歌が、現在世界中で感動を呼んでいる。歌を贈った人物はジェームス・ピネガーさん(86歳)であり、贈った相手は66年間連れ添った妻のコリーンさん(85歳)である。

そして動画「You Are My Sunshine- 66 Years in Love Caught on Film」に映し出されている通り、ジェームスさんがコリーンさんに贈った歌は『You Are My Sunshine』(和訳:キミは僕の陽の光)である。しかしなぜこの歌のプレゼントが、世界の多くの人の心を震わせているのだろうか?

・死を覚悟したジェームスさん
ことの発端は、ジェームスさんがおこなった親切な行動にある。彼は氷の上で滑って転んでいた90歳の隣人を助けようとした。しかしジェームスさん自身も氷で転んでしまい、股関節置換という手術を受ける羽目に。

だが彼を襲った災難はこれだけではなかった。なんと入院中に血液感染にかかってしまったのだ。86歳という年齢なだけに、ジェームスさんは死を覚悟したらしく、3カ月間ずっとそばで看病してくれたコリーンさんに対して、ある想いを伝えることにしたのである。

・キミは僕の陽の光
その想いを伝える様子が現在話題の動画に収められているのだが、そこには「ちょっとそばに来てくれ!」と奥さんを近くに呼ぶジェームスさんの姿が映っている。

そして彼はカメラに向かって「これは私にとって、とても大切なことなんだ」と話すと、『You Are My Sunshine』を歌い始めた。するとコリーンさんも一緒に歌い始め、2人は美しいハーモニーを奏でながら、見事『You Are My Sunshine』を歌いきった。

ちなみにサビとなる部分の歌詞を和訳すると、以下のようになる。

【サビ部分の和訳】
キミは僕の陽の光だ

僕にとってかけがえのない陽の光だ

空が曇っている時に、キミは僕を幸せにしてくれる

キミは知らないだろう どれだけ僕がキミのことを愛しているかを

頼むから、僕の陽の光を奪わないでくれ

~歌詞ここまで~

ジェームスさんの娘さんによると、『You Are My Sunshine』はジェームスさんとコリーンさんにとって大切な歌らしく、長年2人で一緒に歌ってきたそうだ。

・2人の愛がネット上で感動を呼ぶ
そしてこの動画をYouTubeに投稿すると、たちまちネット上で大ヒット! 現在動画には「なんて美しい瞬間なんだ」「いつの日か、こんな大きな愛を感じられたらいいなあ!」など2人の愛を羨むコメントが多数寄せられている。

そしてそしてさらに嬉しいことに、ジェームスさんが無事に元気を取り戻したというニュースも舞い込んできた! しかしネット上でのあまりの反響の大きさに、ジェームスさんは恥ずかしがっているとのこと。

幸せとは何かをひとつの歌で示してくれたジェームスさん。これからも愛するコリーンさんと共に歩き、そして温かい陽の光をさんさんと浴びながら、2人で末永く、幸せに暮らしていってほしいものである。

参照元:YouTube, Huffington Post, Utah News Feed(英文)
執筆:田代大一朗


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング