【衝撃】公園で遊んでいた児童に「そんなことじゃ日本代表になれないぞ」と声をかけた50歳代の男が通報される

ロケットニュース24 / 2013年6月19日 15時9分

【衝撃】公園で遊んでいた児童に「そんなことじゃ日本代表になれないぞ」と声をかけた50歳代の男が通報される

不審者が子どもに対して声をかけ、あとあと通報されることはよくある話。「何か」が起きてからでは遅いのだ。怪しい人がいたら、すぐに警察に一報を! ……だがしかし、だがしかし!

警視庁犯罪抑止対策本部が発表した不審者情報が、あまりにも世知辛いと大きな話題になっている。不審者が現れたのは6月15日、東京都中野区新井5丁目の公園だ。児童が遊んでいたところ、次のような声をかけたという。

不審者「そんなことじゃ、日本代表になれないぞ。」

年齢は50歳代。白色っぽい上衣を着ており、移動手段は徒歩であったという。この不審者情報に対し、ネットユーザーたちは……

「えぇぇぇぇ、こんなんで不審者」
「世知辛い…(´・ω・`)」
「そうか・・・・ これもアカンのか・・・・・・・」
「ロベルト本郷!」
「ロベルトさん!」
「ロベルトさんも不審者扱いの世の中になってしまったか」

……などと反応している。

ちなみに「ロベルト本郷」とは漫画『キャプテン翼』に出てくる重要キャラ。酒を飲みながらフラフラと登場しつつも、いち早く翼のサッカーセンスを見ぬいた翼の師匠でもある。

子どもたちがサッカーで遊んでいたのかどうかは定かではない。また、子どもたちは怖い思いをして通報に至ったのかもしれない。だが、もしもロベルト本郷が実在したら、今の日本では即通報されるであろう。世知辛い世の中になったものだ。

参照元:Twitter @MPD_yokushi
執筆:GO羽鳥


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング