【ゲーム速報】狂信的ドラクエ信者の人気漫画家が『ドラクエ10』で挫折 / 漫画家「仲間が誰もいなくなった」

ロケットニュース24 / 2013年6月20日 13時0分

【ゲーム速報】狂信的ドラクエ信者の人気漫画家が『ドラクエ10』で挫折 / 漫画家「仲間が誰もいなくなった」

狂信的な任天堂信者であり『ドラゴンクエスト』マニアでもある人気漫画家が、オンラインゲーム『ドラゴンクエスト10』に挫折し、3カ月間も放置していることが判明した。本人によると「もう3カ月くらいまともにやってない」という。

・『ドラクエ10』をやらなくなった理由
漫画を描く時間だけでなく、寝る時間も惜しんでプレイし続けてきた『ドラクエ10』。いったい彼に何があったのか? どっぷりとハマっていた『ドラクエ10』にアクセスしなくなった理由とは? 彼はその理由をこう語る。

・へヴィーユーザーの人気漫画家
『ドラクエ10』を3カ月間もまともにプレイしていないと話すのは、人気漫画家のピョコタン先生。彼は仕事よりもゲームを愛しており、『ドラクエ10』のキャラクターを高レベルに成長させているほどのへヴィーユーザー。彼にゲーム仲間の記者が『ドラクエ10』の協力プレイを持ちかけたところ、以下のような返信があった。

・漫画家ピョコタン先生とのやり取り
記者 「なんで最近、冒険に呼んでくれないの!」
漫画 「ドラクエならもう3カ月くらいまともにやってないぞ!」
記者 「ひでえ! レベルあげやめたのか?」
漫画 「目的が無いレベル上げなど無意味」
記者 「仲間は?」
漫画 「誰もいなくなった」
記者 「おいおい……」

・仲間が消え自分もプレイをやめてしまった
ピョコタン先生は、以前から仲間との協力プレイを好んでいた。しかしその仲間たちが減っていき、ついに誰もいなくなってしまったため、自分もプレイをやめてしまったようだ。まったくアクセスしないというわけではないようだが、ちょっと覗くぐらいでまともにプレイはしていないらしい。

・ワクワクする場所と仲間が必要
このような状況に対してゲーム雑誌編集者はこう語る。「子どものころ『あの山に行こうぜ!!』とか『放課後にあそこ見に行かない?』とか、そういうワクワクする遊びを友だちとやったじゃないですか。ワクワクする場所と、ワクワクを共有できる友だちがいないと、リアルでもゲームでもつまらないのです」(ゲーム雑誌編集者 談)。


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング