【衝撃動画】辛坊治郎さんが乗っていたヨットの「浸水直前の映像」が公開される / 海面に浮上した何かに「ドンッ」と衝突している!

ロケットニュース24 / 2013年6月24日 23時40分

【衝撃動画】辛坊治郎さんが乗っていたヨットの「浸水直前の映像」が公開される / 海面に浮上した何かに「ドンッ」と衝突している!

フリーアナウンサーの辛坊治郎さんと、セーラーの岩本光弘さんが太平洋横断に挑戦。しかし出航から5~6日後に浸水が発生し、救助要請を出して海上自衛隊に救助された。その浸水直前の映像が、同プロジェクトの公式ホームページ「ブラインドセーリング」にアップされ、大きな話題となっている。

浸水直前の映像は、動画サイト YouTube にもアップされており、「無題」というタイトルが付けられている。動画の時間は、わずか47秒。しかしながら、その内容は衝撃的だ。

・動画再生時間34秒で何かに「ドンッ」と衝突
激しい波により、辛坊治郎さんが乗っていたヨット「エオラス号」は大きく揺れている。動画再生時間0:26〜0:30秒あたりでは、ヨット前方の右側あたりの海面に、何かが浮上しているのか、正体不明の物体が見える。

そして動画再生時間34秒……その物体と衝突したのか、突然「ドンッ」という音と共に、カメラもヨットも激しい衝撃を受けているのだ。

ちなみに、ブラインドセーリング公式ホームページでは、『ブラインドセーリング浸水について』というタイトルと共に、下記のように説明している。

『ブラインドセーリング浸水について』
6月24日12時30分に、「エオラス号」に設置していたカメラが撮影した浸水直前の衝突時の映像を、海上保安庁に提出するとともに、先ほど「ブラインドセーリング」公式ホームページにアップしました。

【提出した映像】
エオラス号の船尾左舷のポール(海面から高さ5メートル)に設置していた定点観測カメラが撮影。
浸水直前の映像。
辛坊治郎氏が、ライフラフト(救命ボート)に脱出する直前に、カメラから保存データ(SDカード)を取り出しました。
当初、データが海水で濡れていたため再生できませんでしたが、データ復帰できました。デジタルでの映像化が出来ず、パソコン画面を再度撮影した映像を提出しました。

2013年6月24日13時45分 プロジェクトD2製作委員会(引用ここまで)

映像を見る限りでは、何かと衝突したことは間違いなさそうだ。はたして何と衝突したのだろうか。クジラだろうか? それとも……。いずれにしても、続報に期待したい。

参照元:YouTubeブラインドセーリング公式ホームページ


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング