ベルリンのゲイパレードに行ってみた → 想像以上の盛り上がりと自由っぷりに感動した!!

ロケットニュース24 / 2013年6月28日 17時0分

ベルリンのゲイパレードに行ってみた → 想像以上の盛り上がりと自由っぷりに感動した!!

2013年6月22日、世界でも最大規模のLGBT(同性愛者、両性愛者、性転換者の人たちのこと)パレードのひとつ「クリストファー・ストリート・デイ」がドイツの首都ベルリンで開催された。

LGBTの文化を讃え、未だ存在する問題を人々に喚起するために行われるこのイベント。「クリストファー・ストリート・デイ」はベルリン以外の都市でも開催されるが、特にベルリンは参加者・観客の数が約50万人以上と「世界最大規模」のLGBTパレードだ。記者(私)もワクワクしながら、見に行ってみたところ……その規模の大きさ、盛り上がりのすごさに驚き、めちゃくちゃ感動したのである!

・世界最大規模のLGBTパレード
今回で35回目を迎える「クリストファー・ストリート・デイ」。とにかくすごい数の人が集まると事前に聞いていたが、実際に訪れてみて想像以上の混みっぷりにビックリした!

パレードはクーダムというベルリン随一のショッピングエリアから、街のシンボル的存在であるブランデンブルグ門まで約5キロのメインストリートを完全に占拠する形で行われるのだが、どこもかしこも人でいっぱいだ。

・参加者と観客が一体になったパレード
私はかつて、カナダのトロントのゲイ・パレードも見に行ったことがあるが、それよりもずっと規模が大きいことにまず驚いた。それだけじゃなく、ベルリンのパレードがすさまじい盛り上がりを生み出す理由に気付いた。それは「参加者と観客の一体感」だ。

誰がパレードの参加者なのか、観客なのかその境目があいまいなのだ。つまり、基本的に誰でもウェルカムなのである!

・何十台もの「移動クラブ」バスが走っているという感じ
クラブ文化を誇るベルリンらしく、ズンズンと大音量のサウンドを鳴らしたバスが何十台も、参加者をびっしりと乗せ、ゆっくり走っていく。参加者はバスの上でドリンクを片手に踊り、道を歩く人々もその音に合わせて身体を揺らしながら、バスを囲み、共について行く。

いくつもの「移動クラブ」がメインストリートを占拠するといった状態なのである。こんなパレードは見たことがない!!

・とにかく自由! ベルリンはめちゃくちゃ「LGBTフレンドリー」な都市だった
そして、自由すぎる格好をした人々がとにかくそこら中にあふれている! この日のために準備したコスチューム、特殊メイク、ウィッグなどなど、身につけたいものを身につけ、自由に自らを表現する人々。なんだ、この解放感は!!

ベルリンはLGBTにとって暮らしやすい都市であることで有名だ。市長のクラウス・ヴォーヴェライト氏も自らゲイであることをカミングアウトしている。LGBTの人々の集まる大きなコミュニティも存在するし、同性愛者のカップルが仲睦まじくしている様子もしょっちゅう見かける。

・自分に正直である幸せを感じる
それにしても、自らを解放しきった人々が放つ幸せオーラはすごい。この日、記者(私)は自分自身に正直であることがいかに自分を幸せにするか、しみじみ感じたのだった。そして、このパレードは一度行ったらヤミツキになる。どんなものか気になった方、ぜひ来年6月にベルリンを訪れてみてほしい。新しい世界を目にすることができるはずだ!

Report:佐藤 ゆき


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング