オバマ大統領よりIQが高いイギリスの2歳児がスゴイ! 英語で1000まで日本語でも20まで数えられる

ロケットニュース24 / 2013年6月29日 0時0分

オバマ大統領よりIQが高いイギリスの2歳児がスゴイ! 英語で1000まで日本語でも20まで数えられる

知能指数が全人口の上位2パーセントに入る人のみ入会を許可されるという、国際的高IQ団体「メンサ」をご存じだろうか。日本の著名人では、脳科学者の茂木健一郎氏やお笑いコンビ・ロザンの宇治原史規氏らが会員だと言われている。

そんななかイギリスでは、わずか2歳にしてこの高IQ団体に入会を認められたという天才児が現れ、話題を呼んでいる。なんと! その知能指数は、すでにオバマ米大統領を超えているというから驚きだ。

・オバマ大統領以上、天才未満の知能指数を持つ2歳児
現在2歳5カ月のアダム・カービー君は、先日のIQテストで141というスコアをたたき出し、メンサの会員になった。IQ141がどれくらい凄いのかというと、オバマ大統領の知能指数よりも10ポイント高く、「天才」とされるレベルまであと4ポイントとのこと。

・1歳のときに独学でオマルの使い方をマスターする
両親が最初にアダム君の頭の良さに気付いたのは、彼がまだ1歳のとき。トイレトレーニングの本を見ながら自分でオマルの使い方を習得したという。ちなみに、両親は共にメンサの会員ではないそうだ。

・2歳で読み書きも計算もできる
アダム君は普段から本を読んだり、物事を暗記したりすることを楽しんでいるとのこと。その成果はすでに表れており、現在は英単語のスペルを100個以上書くことができ、7歳児向けの本を読んでいるという。また、簡単な足し算と引き算ができ、九九は2~5の段と10の段を言えるそうだ。

・タイピングや外国語だってできる
2歳で計算ができるだけでも凄いが、それだけではない。太陽系の惑星を記憶しており、手で文字を書くだけでなくタイピングもできる。さらに、現在は日本語やスペイン語、フランス語を勉強中で、英語なら1000まで、日本語とスペイン語では20まで、フランス語は10まで数えることができるという。

・両親も驚きを隠せない
この驚異の能力に両親も驚きを隠せず、「2歳の頃の私たちとは比べ物にならない」と語っている。「今後も息子が楽しんで学習していけるようサポートしていくつもりです」とのこと。アダム君の将来に期待が集まっている。

参照元:Mail Online(英文)、YouTube


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング