映画『おしん』の主題歌に flumpool と台湾バンド Mayday が決定 / ネットの声「おしんがロック…?」「日台のコラボが楽しみ!」

ロケットニュース24 / 2013年7月17日 19時30分

映画『おしん』の主題歌に flumpool と台湾バンド Mayday が決定 / ネットの声「おしんがロック…?」「日台のコラボが楽しみ!」

1983年に放送された朝の連続テレビドラマ『おしん』。貧しい農村の少女が力強く生きていく様子は、日本だけではなくアジア各国の涙をさそい大ブレイクした。放送から30年経った今でも、アジアの国では「お前日本人か? 俺、『おしん』には泣いたよ!」と声をかけられるほどである。

その『おしん』が2013年に映画化されるのだが、主題歌がビジュアル面でギタリストが活動休止したことで知られるバンド『 flumpool 』と台湾の国民的バンド『 五月天(Mayday)』に決まったそうだ。日台のロックバンドがコラボして『おしん』の主題歌を歌う。この予想外の展開にインターネット上では以下のような声が上がっている。

・ネットユーザーの声
「ふぁっ!?」
「ちょちょちょちょっと待て」
「日台のコラボが楽しみ!」
「コラボ嬉しいっ!☆」
「メイデイ、ついに日本デビューかぁ」
「凄い凄い!」
「flumpool×メイデイでしょ? くそ感動する曲なんだろうな。」
「よくわかんなくて面白いな、この組み合わせ」
「おしんがロック…?」
「ウケるんだけど!!おしんとか!!」
「雰囲気合わなさそう」
「もっと昭和っぽいのにしろよw」

などと、日台の実力派バンドのコラボに期待する声がある一方で、ロックバンドと『おしん』の雰囲気が合うのか想像ができないという声もでている。だが flumpool と Mayday のファンだという人物によると「両バンドのバラード曲は曲調も歌詞もかなり感動的。今から泣けてきた」とのこと。

・痩せて復帰した flumpool ギタリストにも感動の声
また、公表されたビジュアルについて「一生さん細くなったなぁ」、「一生さんめっちゃ細い」と、太りすぎのためビジュアル面で活動を控えダイエットに専念していたflumpoolギタリスト阪井一生さんのスリムな姿に感動する声も多いようだ。

・Mayday のボーカルの名前は中国語で「おしん」
ちなみに Mayday のボーカルは『阿信(アシン)』だ。そして『おしん』の中国語タイトルは『阿信』と、同じ表記である。今回の起用に関係あるのかはわからないが、中華圏でも「あーー、なるほどなるほど!」、「阿信が『阿信(おしん)』の主題歌を歌う(笑)」と話題になっている。

映画版『おしん』では、当時、泉ピン子さんが演じていたおしんの母役には上戸彩さん、伊東四朗さんが演じていた父役にはSMAPの稲垣吾郎さんがキャスティングされて注目された。ドラマ版を知る人から見ると「美しすぎてスゴイ!」という声も上がっているほどだ。さらに日台のロックバンドが主題歌を担当とは……今度の『おしん』は、斬新なものになりそうである。

参照元: flumpoolオフィシャルサイトMayday オフィシャルサイト
執筆:沢井メグ


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング