池上彰が公明党と創価学会の関係に鋭いツッコミをして大きな話題に「公明党の応援は創価学会員の宗教活動の功徳を積むことになるの?」

ロケットニュース24 / 2013年7月22日 22時30分

池上彰が公明党と創価学会の関係に鋭いツッコミをして大きな話題に「公明党の応援は創価学会員の宗教活動の功徳を積むことになるの?」

2013年7月21日(日)、第23回参議院選挙が行われた。NHKをはじめ各局が選挙特番を組むなか、民放トップの視聴率をマークしたのが「池上彰の参院選ライブ」(テレビ東京系)だ。この番組のワンシーンが現在インターネット上で話題になっている。

注目されているのは、池上彰さんが、神奈川選挙区に出馬した公明党公認候補の佐々木さやか氏にインタビューしたシーンだ。開票率0パーセントの時点で佐々木氏が当選確実となった22時ごろに起こった出来事である。

・創価学会が行っている活動を紹介
「池上彰の参院選ライブ」では、インタビューの前に佐々木氏の経歴などについて「佐々木候補の母校、創価大学」、「そんな佐々木候補を支えるのは、公明党の支持団体、創価学会です」などとテロップつきで紹介。

さらに、佐々木氏を取り囲む支持者の姿を映しながら「支持者の皆さんは一人ひとりが友人や知人の票集めに奔走します。これを友達 “Friend” の頭文字をとりF票と呼びます」と、創価学会が行っている活動について解説した。

・学会員「選挙をやると功徳がでる」
続いて、創価学会員を名乗る婦人たちが「目標としては自分の歳の倍(の票を集める)」「選挙をやると功徳がでる」などと話す姿も放映。VTR 終了後にスタジオで再び「佐々木候補を支えているのは創価学会婦人部など」「さらに『F票』、創価学会の友人の票を集めてくるフレンド票が加わった」などと大道具を使って、佐々木氏が当確に至った経緯を分かりやすく説明した。

・佐々木氏に生中継でインタビュー
そこで佐々木氏と中継がつながり、池上彰氏がインタビューを開始。当選確実の祝辞のあと、 VTR の内容に触れ「功徳っていうのは仏教用語ですよね?」と切り出し「佐々木さんを、あるいは公明党を応援することが創価学会の人にとっての宗教活動といいますか功徳を積むことになるのですか?」と質問した。

それに対する佐々木氏の答えはこうだ。「支持団体の創価学会のなかの選挙活動の方針ですとか、そうしたことについては、私(わたくし)のほうからは申し上げる立場にございません」とし、あくまで「支持団体の皆様の中の運営方針」であると続けた。

・政教分離の原則について言及
池上さんはさらに視聴者からの質問として「公明党と創価学会の関係、政教分離の憲法の原則に違反しないのかどうかという質問がありました。これにはどのようにお答えになりますか?」と問いかけた。

佐々木氏はこの質問に対し次のように言い切った。「(政教分離)と言いますのは、政府ですとか国が例えば個人の宗教を制限したりとか押し付けをしたりとか宗教に介入をすると。それを禁止をしている原則でございます。ですから例えば創価学会の皆さんが公明党を支援してくださると。それは通常の支援と同じものでありまして、政教分離には反しません」

※「 」内はすべて番組の書き起こし

この回答で佐々木氏へのインタビューは終了した。いつも鋭い切り口で、視聴者の疑問を分かりやすく伝えてくれる池上さん。今回も選挙について様々な解説があり、番組を見た人のなかには、池上さんのかみくだいた説明を聞いて勉強になったという人が多いかもしれない。

参照元:池上彰の参院選ライブ毎日新聞デジタル

参照元: テレビ東京


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング