これからパパになることを考えている男性必見! 妊娠時に父親が肥満だと孫の代まで遺伝することが判明

ロケットニュース24 / 2013年7月23日 17時35分

これからパパになることを考えている男性必見! 妊娠時に父親が肥満だと孫の代まで遺伝することが判明

妊娠中の母親の健康状態が、生まれた子どもに大きな影響を及ぼすことはよく知られている。妊婦がお酒やタバコを控えるのも、そんな理由によるところが大きい。だが一方で、父親の健康状態も無関係ではないようだ。

最新の研究によると、受胎時における父親の肥満度が、生まれてきた子どもの肥満に将来に渡って大きな影響を及ぼすことが明らかになったという。しかも、その影響は子どもだけでなく、孫にまで受け継がれるというのだ。

・太った男性の精液には肥満を伝達する分子信号が存在する
研究を行ったのは、豪アデレード大学のトッド・フルストン博士だ。博士は、太った男性の精液内には、肥満を子孫へと伝達する分子信号が存在することを明らかにした。しかも、それは肥満男性の子どもだけでなく孫の代まで受け継がれ、男の子よりも女の子のほうがより肥満の影響を強く受けることも判明したという。

・肥満だけでなく糖尿病も受け継がれる
さらに、この分子信号によって伝達されるのは肥満だけでなく、糖尿病のような疾患も含まれることがわかった。博士によると、「受胎の時点で、肥満の父親に糖尿病の兆候が見られなくても子孫に遺伝する可能性がある」とのこと。

・肥満男性の子どもは健康に気を使っても肥満になる可能性アリ
また、博士は「たとえ肥満男性の子どもが食事や運動に気を使い、健康的な生活を送ったとしても、肥満になる可能性はあります」とも語っている。遺伝の影響を回避するのは難しいということのようだ。

・博士「肥満家族になりたくなければ、女性が妊娠する前に男性は痩せておくこと」
では、どうしたらよいのか。博士によると、「肥満を子孫へと遺伝させて肥満家族になりたくなければ、太っている男性はパートナーの女性が妊娠する前にダイエットをして痩せておくことが重要」とのこと。

・母親同様、受胎時の父親の健康状態も子どもの健康に影響を及ぼす
「妊娠前も妊娠中も、そして出産後も母親の健康は重視されますが、受胎時には父親の健康状態も子どもへ大きな影響を及ぼす重要な要素なのです」と、博士は語っている。これから父親になることを考えている男性のみなさんは、覚えておいても損はしないだろう。

参照元:Mail Online(英文)
photo: flickr dani0010


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング