【パパママ必見】母乳で育てると子どもが賢くなることが証明される / 母乳の成分が脳の発達を促進

ロケットニュース24 / 2013年8月5日 7時0分

【パパママ必見】母乳で育てると子どもが賢くなることが証明される / 母乳の成分が脳の発達を促進

英国キャサリン妃が待望の第一子を出産し、世界中が祝賀ムードに包まれ、日本でも大きな話題となった。キャサリン妃は赤ちゃんを母乳で育てる意向で、にわかに母乳育児に注目が集まってきている。そんななか、「母乳で育てると子どもの知能が高くなる」との研究発表があり、話題となっている。

・母乳で知能が高くなる
この研究は、米ボストン小児科医院の研究チームによって行われた。長期にわたる調査の対象となったのは1312組の母子である。

まず7才児の知能を調査したところ、生後1年間を母乳で育てられた子どもは、粉ミルクで育った子どもよりも、口答知能テストで4パーセント上回る結果になったという。そして母乳育児の期間が1カ月増えるごとに0.35パーセントずつ点数が上がっていった。また3才児の言語習得テストにおいても、母乳で育った子どもの方が高得点を獲得したとのこと。

・母乳に含まれる栄養分が鍵
赤ちゃんの脳を発達させ知能向上を促す鍵となるのは、母乳に含まれるドコサヘキサエン酸という栄養分だ。この栄養分は魚にも含まれており、「魚を食べたら頭が良くなる」と言われる理由である。

また、授乳中に母子の肌と肌が触れ合い絆を結ぶことも、子どもの知能を促す重要な要素になるそうだ。ということで、研究チームは「生後1年間はできるだけ母乳育児を取り入れるように」と推奨している。

・母乳の効能
また、母乳には知能を高める以外にも様々な効能がある。バイ菌や感染に対する免疫が増し、ぜん息やアレルギーを防ぐ効果もあるのだ。そのため、大人になってからも病気にかかりにくい体質になるという。しかし、これだけの利点がありながら、生後6カ月の間に母乳で育てられる赤ちゃんの数は減少の一途をたどっている。

粉ミルクで育てる方が楽かもしれないが、体が強くて賢い子どもに育てば、親もあとで苦労しなくてよいだろう。キャサリン妃の影響もあって、これから母乳育児をする母親が増えていくかもしれない。

参照元:Mail Online(英文)
執筆:Nekolas
photo:RocketNews24.


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング