【黒白】マクドナルドのブラック&ホワイトバーガーは美味しいのか!? 実際に食べてみた

ロケットニュース24 / 2013年8月9日 12時0分

【黒白】マクドナルドのブラック&ホワイトバーガーは美味しいのか!? 実際に食べてみた

マクドナルドが期間限定で新発売したブラックバーガーとホワイトバーガー。その名のとおりブラックバーガーは黒いバンズ(パン)、ホワイトバーガーは白いバンズをしている。

・奇抜さだけでまずい可能性
確かに奇抜だし、一度は食べてみたいと思ってしまう。でも奇抜だから美味しいというわけではない。むしろ奇抜さだけでまずい可能性がある。ということで、実際に食べてみた。

・『黒白絶食堡』(素晴らしい白黒要塞)
ブラックバーガーとホワイトバーガーはセットで販売されており、正式名称を『黒白絶食堡』(見事な白黒要塞)という。台湾のマクドナルド限定なので、台湾まで行って食べてみた。

・後味が悪い塩気の味がたっぷり
その感想だが、お世辞にも美味しいとはいえないものだった。ブラックバーガーは従来のマクドナルドのパティ(ハンバーグ)を使用しており、そこに鋭いペッパーと後味が悪い塩気のソースがたっぷりとかけられている。正直、くどすぎる。

・炭火で焼いたかのような風味
ホワイトバーガーはチキンがサンドされており、炭火で焼いたかのような風味がして「美味しいかも!?」と思うが、ソースのもっさりとしたボヤけた味が食欲を減退させる。似たハンバーガーが中国でも売られていたが、そちらも同じようなテイストだったらしい。

・水分が多くモチモチしすぎている
どちらのバーガーもバンズのコンディションが最悪で、水分が多くモチモチしすぎているため、肉と相性が良くない。その保水によりモッサリ感が倍増。ということで、非常に残念なハンバーガーである。

Report: Kuzo.


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング