片づけられない派の大勝利!? 散らかったオフィスのほうが創造力を発揮できるらしい

ロケットニュース24 / 2013年8月11日 10時0分

片づけられない派の大勝利!? 散らかったオフィスのほうが創造力を発揮できるらしい

デスクをきちんと片づけられずに悩んでいる人は多いかもしれない。積み上がった書類、使いっぱなしの文房具、明らかにもう使わない資料……。そんなゴチャゴチャした環境で働いている人を勇気づけそうな研究結果が発表された。

乱雑な作業空間には問答無用でダメなイメージをもつ人も多いはずだ。だがしかし、なんと散らかったオフィスのほうが創造力を発揮できるらしいのだ!

・米国大学による調査
調査を行ったのは、米ミネソタ大学の心理科学者キャサリーン・ヴォース氏ら。彼女らは、景観や家具、採光が同じ2つのオフィスを使って実験を行った。ひとつは整然としたオフィス、もうひとつはコンピューター機器や書類が乱雑に散らかったオフィスである。

・散らかっているほうがクリエイティブな発想
それら2つのオフィスで、卓球のボールの使い方を10通り考える実験が行われた。その結果なんと、散らかったオフィスのほうが、面白く創造的で新しい考え方をできることが判明したのだ。

・きれいなオフィスは健康志向で気前が良い
また同時に、オフィス環境が食事に与える影響も調査された。実験の結果、きれいなオフィスでは、より健康的な食事を選ぶことも明らかになったという。

さらに、慈善事業への寄付金についても調べたところ、散らかったオフィスときれいなオフィスでは後者のほうが多額の寄付をすることが判明。きれいなオフィスのほうが “気前がよい” という結果になった。

・仕事内容によって環境を変えると良い?
ヴォース氏は次のように言う。「複雑な金融関係の文書作成には、きれいなオフィスが最適かもしれません。けれど、ちょっと変わったプレゼン内容を考えるなら、少し乱雑なオフィスがイマジネーションを高めてくれるかもしれません」

散らかった環境も悪いことばかりではない、という今回の研究結果。むしろ、クリエイティブな発想をするために積極的に散らかしてみる価値もありそうだ。これからは、片づけられない派の人もオフィスで堂々とできるかも!?

参照元:Mail Online(英文)
Photo:RocketNews24


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング