薪ストーブに使用する薪はどうして楢の木がベストなのか? その理由はシンプル

ロケットニュース24 / 2013年8月11日 15時0分

薪ストーブに使用する薪はどうして楢の木がベストなのか? その理由はシンプル

室内が寒いとき、皆さんはどのようにして温かくしているでしょうか? エアコン、電気ストーブ、石油ストーブ、こたつ、オイルヒーター、いろいろあると思いますが、薪(まき)ストーブほど情緒のあるものはありません。

薪ストーブに必要なものといえば、当然ながら薪です。薪にもいくつか種類がありますが、楢(ナラ)の木を薪として使うのがベストといわれています。なので、薪を売っている店の多くが楢の木のものを販売しています。

その理由は、楢の木はとても長時間燃え続けるからです。生木でなければ、だいたいの木は薪として使うことができます。杉だって使えます。しかし、楢の木ほど燃費のいい木はないのです。皆さんが薪ストーブを使う機会があれば、楢の木をオススメしますよ。

ちなみに、雪が降る地方の村に行くと、薪が普通に売られています。たとえば、長野県木曽郡のお店ではお土産や食料品と一緒に薪が売られています。豪雪地帯に住む人たちにとって、薪は必要不可欠な存在なんですね。


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング