【悲哀動画】涙なくしては見られない! 師匠を失くしたプーチン大統領の悲しい背中

ロケットニュース24 / 2013年8月14日 22時0分

【悲哀動画】涙なくしては見られない! 師匠を失くしたプーチン大統領の悲しい背中

人は誰しも、大切な人の「死」を容易には受け入れられないものだ。比類なき頭脳を持った天才であろうと、屈強な肉体を持つ格闘家であろうと、悲しみの前では無力に等しいのかもしれない。

それがたとえ「鉄の男」と異名をとる、ロシアのプーチン大統領であっても同じではないだろうか。先日、彼の柔道コーチ、アナトリー・ラクリン氏の葬儀が行われ、帰り際の大統領の姿が撮影されたのだが、その姿が悲しすぎて見る者の心を切なくしている。

・約50年の支えを失った
ラクリン氏とプーチン大統領の関係は、実に50年近くにも及ぶ。彼が13歳のときにラクリン氏と出会い、「柔道コーチ」として、「教師」として、また「助言者」として公私にわたって大統領を支えたそうだ。

・棺のそばに立ち尽くす
そのラクリン氏の葬儀がサンクトペテルブルクで執り行われた。大統領は「柔道と人生の教師だった」と語り、棺のそばに立ち尽くしていたという。約50年の長きにわたって続いた師弟関係。それを失った大統領の悲しみは、言葉では言い表せないものではないだろうか。

・悲哀を背負った後ろ姿
葬儀の帰り、大統領は迎えの車には乗らず、護衛も拒否して一人歩いて行った。冷徹な印象が強い無頼漢であるだけに、その背中からにじみ出る悲哀は、見ているだけで胸が締め付けられそうだ。「ウラジーミル・プーチンと言えども人間である」。そんなことをまざまざと考えさせられる、切ない後ろ姿だ。ラクリン氏のご冥福を心からお祈りする。

参照元:YouTube


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング