【エジプト】中国人が壁画にラクガキしたルクソール神殿に行ってみた

ロケットニュース24 / 2013年8月19日 11時0分

【エジプト】中国人が壁画にラクガキしたルクソール神殿に行ってみた

2013年5月24日、中国人男性がインターネット上に掲載した写真が物議をかもした。エジプト3000年の歴史をもつルクソール神殿の壁画に、中国語で「○○○ここに参上」と書かれている写真である。

・書いた本人は謝罪
その後、ルクソール神殿を訪れた観光客が書いたものと判明し、書いた本人は謝罪。しかしインターネット上に広まり世界規模で大炎上してしまった。その壁画は今どうなっているのか? 実際に行って確かめてみた。

・情勢もあり観光客はほぼ皆無
ルクソール神殿は一人60エジプトポンド。持ち物チェックを受けて敷地内へと入る。エジプトの情勢もあり観光客はほぼ皆無。いたとしてもエジプト人の親子が2組ほどいたくらいだ。

・なかなか見つからない
ルクソール神殿をくまなく探したが、なかなか見つからない。1時間ほど探したが見つからず、敷地内にいたバクシーシ(おめぐみ)おじさんを「ラクガキされた壁画の場所知りませんか?」と聞くと「よっしゃ! ついてこい!」ということで案内してもらう。

・みんなで消した
見つけにくい理由がわかった。ルクソール神殿の奥の奥にある壁画だったのだ。さらに暗い場所にあるため非常に見つけにくい。問題視されていた壁画にたどり着いたが、すでにラクガキは消されていた。バクシーシおじさんによると「みんなで消した」とのこと。

・しっかりと修復されていた
壁画を削ってラクガキしたというよりは、白いあとが残る石やチョークのようなもので書いたと推測できる。壁画はやや削れている部分があったものの、そこにラクガキがあったことに気がつかないレベルに修復されていた。

・中国語だから目立った?
ルクソール神殿をくまなく見てわかったことは、今回は中国語だから目立ったのであって、これが英語であればここまで問題視されなかったのではないかということ。もちろんラクガキはダメだ。しかし、ルクソール神殿の壁画には、あらゆる言語でラクガキらしきものが書かれていたのも事実である。

Report: Kuzo.


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング