スシローで「寿司デュエル」を行うデュエリストたちがかっぱ寿司へ移動 / 寿司デュエルはセカンドシーズンへ

ロケットニュース24 / 2013年8月20日 21時0分

スシローで「寿司デュエル」を行うデュエリストたちがかっぱ寿司へ移動 / 寿司デュエルはセカンドシーズンへ

今、一部のデュエリストの間では、スシローで寿司をお互いにドローし食べさせあい、相手がサレンダーするまでバトルする「寿司デュエル」が、行われている。

だが、「スシローでは生ぬるい!」という猛者たちはさらなる試練を求め、「かっぱ寿司」でデュエルをするようになっているのだとか。なぜかっぱ寿司はスシローよりデュエルの難易度が高いのか? それはかっぱ寿司独自のオーダー方式にあるという。

・かっぱ寿司では注文すると特急レーンで寿司が届く
流れてきた皿をドローしあい、交互に相手に食べさせていく。これが、通常の寿司デュエルのルールだ。だが、自分がドローした寿司を自ら食べることにより、次のターンで注文した寿司と流れてきた寿司の計2枚を相手に食べさせる『生贄』というルールがある。

スシローでは注文品は通常レーンを流れてくるが、かっぱ寿司の場合は新幹線型のトレイに乗り特急レーンでずばっと届く。そのため、初心者デュエリストは寿司の流れが読めず苦戦するそうだ。また、かっぱ寿司よりスシローのほうが好きというデュエリストが多いので、かっぱ寿司のほうは上級者のたまり場となっている場合が多いとか。

・闇のデュエリストの増加によりルールも更新
さらにスシロー、かっぱ寿司問わず寿司デュエルを行うデュエリストの増加により反則技を使う闇のデュエリストも増加。そのため、禁止行為を定めデュエルの健全化を進めているらしい。禁止行為については以下のとおりである。

【寿司デュエル禁止技一覧】
・スケープゴート
バッグに小型犬や猫4匹を入れ寿司を1匹1皿食べさせることにより、自分の腹の負担を減らす行為。そもそも動物は寿司屋に入れたらダメだし、病気になる可能性もあるので絶対やったらダメ。

・ランプの魔精 ラ・ジーン
謎の大男を横に座らせ、自分が食べていると見せかけてその男に食べさせ続けるという反則技。攻撃力1850以上の寿司を生贄により召喚させないと激破できないので、これも禁止である。

・ヂェミナイエルフ
双子の妹(姉)を横に座らせ(以下略)

・治療の神 ディアン ケト
謎の熟女(おそらく母親)を横に座らせ、苦しくなったときに介抱させる。特にデュエルに影響はないが、相手が気をつかってサレンダーしてしまうことが多く禁止技に。

・死のデッキ破壊ウイルス
寿司屋の店長に金を渡し、自分の苦手なネタをレーンに流させないように裏工作をする。非常にダーティな行為なのでこれも禁止になった。

・異次元の剣士
食べると見せかけて一瞬のうちに自分が着ているパーカーのポケットに寿司を投げ込む。食べ物を粗末にしているしお店に非常に迷惑がかかるので、もちろん禁止である。

・破壊輪
寿司屋の店員を冷蔵庫に入れ写真を Twitter で晒し、店を休みに追い込む。犯罪行為だし店に迷惑が物凄くかかるので、絶対に絶対に絶対に禁止行為だ。

また、寿司デュエリストのAさんによると、かっぱ寿司独自のルールとして、寿司を自分で一度に3皿食べ、相手にコーンやハンバーグなどのボリュームある寿司を生贄として召喚し特急レーンで送る『魔列車 ヘルズ・トレイン』などの必殺技も次々と編み出されているそうだ。

執筆:なかの


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング