石垣島から飛行機に乗って台湾に行ってみた / 石垣島から台湾に飛行機で行く方法

ロケットニュース24 / 2013年8月26日 13時0分

石垣島から飛行機に乗って台湾に行ってみた / 石垣島から台湾に飛行機で行く方法

飛行機で沖縄県から台湾に行く場合、いままでは那覇空港から飛ぶ必要があった。しかし現在はもっと便利になり、復興航空(トランスアジア航空)とマンダリン航空が石垣島から飛行機を直接飛ばしている。

・購入画面に進めない
「よっしゃ! 石垣島に行くついでに台湾に行くぜ!」と思った人はちょっと待った。各航空会社のサイトで航空券を検索すると、ちゃんと「石垣島~台北」が表示されるのだが、購入画面に進めないのである。それはどうしてか?

・代理店に連絡をして航空券を買う
2013年8月現在、復興見航空もマンダリン航空も、旅行代理店を仲介しないと航空券を変えない状態になっているのだ。どうしてそんな状況になっているのか不明だが、とりあえず代理店に連絡をして航空券を買い、石垣島から台湾の台北まで飛んでみた。

・石垣島の国際旅行社
航空会社の公式サイトで航空券が買えなかったので、復興航空の問い合わせセンターに連絡。普通には購入できないと言われ、航空券の仲介をしている沖縄県の旅行代理店を紹介してもらう。石垣島の国際旅行社に連絡をして空席をチェック。空いていたので往復航空券を購入。

・運賃約4万円を銀行振り込み
国際旅行社によると、少なくとも渡航の1週間前には申し込みをしてほしいとのこと。運賃約4万円を銀行振り込みし、航空券の予約を数日待つ。イーチケットをメールで受け取ることも可能だが、国際旅行社で受け取ってもいい。

・ターミナルに入るとすぐに発券カウンター
『南ぬ島 石垣空港』の端に国際線ターミナルがあり、少なくとも2時間前には到着しておきたい。ターミナルに入るとすぐに発券カウンター。そしてすぐに出国審査があり、通過するとすぐに待合室。とにかく狭いが新築ということもあって非常にキレイ。

・乗客率は高いとはいえない
飛行機に案内されて乗ると、乗客率は高いとはいえない状況だった。日本では簡単に航空券が買えないためなのか、筆者(私)以外の乗客はすべて台湾人だったようだ。

・まとめ
復興航空とマンダリン航空が石垣島~台湾に飛んでいる
各航空会社が週2往復(計4往復)を運行している
航空券はインターネット上から購入できない
航空券は国際旅行社八重山店をはじめ数社で販売
少なくとも1週間前には申し込みをすること
往復航空券の価格は4~5万円
台湾までの飛行時間は40~50分

・台湾の桃園国際空港まで40~50分
石垣島から飛んだ飛行機は、台湾の桃園国際空港に40~50分で到着する。この飛行時間は、石垣島から那覇に行くよりも短い。もし手軽に台湾行きの航空券が買えるようになれば、石垣島にとって非常に大きな経済効果をもたらすと思われる。

Report: Kuzo.


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング