偽ディズニーランド再び? 中国でディズニー風味の遊園地が盛大に営業開始

ロケットニュース24 / 2013年8月28日 20時0分

偽ディズニーランド再び? 中国でディズニー風味の遊園地が盛大に営業開始

「世界のパクリ大国」こと中国。良いものやビジネスになりそうなものがあれば光の速さで模倣する、これにかけては右に出るものはいないと言われている。

その中国で「パクリ・ディズニーランド」が盛大にオープンしたと報じられている。中国のパクリ・ディズニーといえばこれまでに何度も登場しては、微妙なクオリティを発揮しているが……今回はどんなパークが登場したのだろうか?

・中国のパクリ・ディズニー2013
「パクリ・ディズニー2013」と呼ばれているのは、山東省に2013年8月24日にオープンした『蓬莱欧楽堡幻世界(ほうらいおうらくほうげんせかい)』だ。地元の旅行会社が20億元(約320億円)を投入して建設した大規模パークである。

園内には、30以上のアトラクションがある。ジェットコースターのようなレールを使った大型アトラクションだけでも7台。これらの総距離は4.5キロだ。また、室内アトラクションの面積は12万平方メートル。アジア随一の規模であるそうだ。

・ディズニーを参考にして作られた
パークは小さな子どもが楽しめる「童話村」、「勇者の冒険」、「ドリームキャッスル」、「世界旅行」、「探検楽園」、「ヨーロッパ街」、そして結婚式が挙げられる「白鳥の城」の7つのゾーンに分かれている。

大型のアトラクションを有し、パークをそれぞれのテーマにわけた『蓬莱欧楽堡幻世界』は、中国報道によるとディズニーパークを参考として作られたものであるという。このことからいくつかの中国系メディアで「パクリ・ディズニーが登場」と報じられた模様だ。

・安全のために遊具は外国製
中国の遊園地というと、中国人のなかでさえ遊具の安全性を不安視する声もある。『蓬莱欧楽堡幻世界』では、安全のために全ての遊具を、ドイツ、アメリカ、オランダ、イタリアなどの一流企業から輸入しているという。

来園者に心配なく楽しんでもらおうという姿勢が垣間見えるようである。

・ディズニーはみんなの憧れ
中国には過去にも、「ディズニーを参考にした」、「ディズニーを基準にした」、「中国版ディズニー」と宣伝するテーマパークが確認されている。やはりディズニーに対する強い憧れがそうさせるのだろうか?

だが、そこで「ディズニー」と言ってしまうから、「パクリなのでは?」という疑念を抱かせているのも事実。あまりややこしいことはしない方が良いような……。『蓬莱欧楽堡幻世界』の園内図も確かに雰囲気は似ている気がする。しかし、今回は、ミッキーやドナルドのようなキャラクターは確認されていないそうだ。

参照元:光華日報新浪北美蓬莱旅遊(中国語)
執筆:沢井メグ


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング