【中国】団体客30名全員が機内食の食器を無断で持ち帰り → 乗務員が注意 → まさかの逆ギレ「バカにするな!」

ロケットニュース24 / 2013年8月29日 9時0分

【中国】団体客30名全員が機内食の食器を無断で持ち帰り → 乗務員が注意 → まさかの逆ギレ「バカにするな!」

急激な経済成長を遂げた中国。懐に余裕がある人が増えるにつれ外国へ旅行に行く中国人も増加中だ。だが、そこで中国国内外からも問題視されているのは旅先でのマナーである。

以前、飛行機に乗っていた中国人団体客全員が機内食で出された食器を無断で持ち帰ろうとしたそうだ。客室乗務員が注意したところ、まさかの逆ギレ。機内でトラブルを起こしていたというのである。

・ベテラン添乗員もビックリの中国人ツアー客
この驚きの団体客をガイドしていたのは、添乗員の湯敏軍(とう・びんぐん)さんだ。彼はベテラン添乗員。様々な客を見てきたというが、シンガポール航空での騒ぎは忘れられないという。

・ツアー客全員が機内食の食器を持ち帰ろうとする
中国人団体客30名は、タイ・シンガポール・マレーシアの周遊旅行中。シンガポール航空に乗っていた。そして機内での食事が終わった後、事件が起こったのだ。なんと団体客全員がステンレス製のナイフとフォークをポケットにしまいこんだのだ。

食器の回収に来たキャビンアテンダント(CA)はびっくり。中国人ツアー客全員の机にナイフとフォークがない! もちろん、CA はナイフとフォークを返却するよう要請した。

・CA が注意→ツアー客は逆ギレ「バカにするな!」
すると、客の一人が「飛行機に乗る前に家族が機内で出されたナイフとフォークは持って帰ったって言っていた」と反論。「このフライトのナイフとフォークは使い捨てではありません。だからお持ち帰りいただけないのです」と説明したところ、なんと客は逆ギレ!!

「家族が乗ったのもシンガポール航空だ! 全部持って帰って良かった!! 田舎者扱いするな! 飛行機に乗ったことがないと思ってバカにするな!!」と言い出したのだ。

・CA の堪忍袋の緒がキレる
CA は堪忍袋の緒がキレそうになったが、そこは耐えてもう一度説明をしたそうだ。だが客はガン無視。CA もついに怒りを感じて、ツアーの添乗員の湯さんのところに来てこう言ったそうだ。

「もし一人や二人が持ち帰るとかならまだいいです。でもこんなツアー客全員30名以上がナイフとフォークを持ち帰るなんて、後の便のサービスにも支障をきたします! これは機内物品の占有です、許せません!!」

・断固として返却しないツアー客たち
CA の要請を受け、湯さんはツアー客にナイフとフォークを返却するように求めたという。しかし客らは「みんなやってるから」という態度で、この要求も無視した。湯さんがどうなだめてもナイフとフォークを返そうとしない。

・「中国人の顔をつぶすな!」と怒り→ナイフとフォークを返却
ついに湯さんはどうしようもなくなって「もう中国人の顔をつぶすような真似はやめてください!!」と叫んだそうだ。客はお金を払った立場、湯さんはお金をもらってサービスを提供する立場だ。ガイドにこんな風に言われるとは……ツアー客らも応戦するかと思いきや、湯さんの「顔をつぶすな」発言に渋々ナイフとフォークを返却したそうだ。

・中国人はメンツが大事?
よく中国人はメンツを大切にするというが、やはりここでも「メンツをつぶしている」ということがナイフとフォーク放棄の決定打になったようだ。知らなかったのは仕方がない。だが、CA に注意された時点で気づいて返していれば……笑い話で済んだのかもしれない。

参照元:新浪新聞(中国語)
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.(撮影場所:トルコ航空)


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング