【キモいと話題】 様々な角度から撮影した JR 大分駅のモニュメント『ぶんぶん童子』をご覧下さい

ロケットニュース24 / 2013年9月2日 6時0分

【キモいと話題】 様々な角度から撮影した JR 大分駅のモニュメント『ぶんぶん童子』をご覧下さい

衝撃的な造形物がJR大分駅にあるのをご存知だろうか? これは以前ネットで話題となり、ネットユーザーからは、「キモすぎる」「怖い」などの声があがっていた。その伝説のモニュメントは今も存在するのだろうか。気になったので、大分駅に行ってみた。

さて、「そのモニュメントはJR大分駅にある」と、聞いてはいたものの、それらしきモノは見当たらない。駅の方に尋ねてみると、しばらく考えて思い出したように「ああ、アレね……アッチにあるよ」と教えてくれた。既に現地でも存在感が薄いのだろうか。

早速、教えてもらった方向に歩いていくと、あの話題をさらったモニュメント『ぶんぶん童子(どうじ)』を発見! でもなんかおかしい! そう……想像してたものよりもかなり小さいのだ! なんじゃコリャー! しかもこの『ぶんぶん童子』、ミツバチの子というキャラ設定で、「ぶんぶん号(大分駅のコンコースを走るおもちゃ電車)の安全と子供たちの笑顔と幸せを見守っています」というコンセプトを持っているらしい。 子供が見たら泣いちゃいそうだ。しかし、見ているうちになんだか愛くるしくも思えるような……。

ちなみにこの『ぶんぶん童子』、奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」をデザインした薮内佐斗司教授(東京芸術大学院)が制作したものらしい! う、なるほど、確かにデザインが似ていると思ったわ……。

■今回紹介したモニュメントの場所
場所:JR大分駅構内の改札口入口の右側
住所:大分県大分市要町1-1

Report:世界のショウゴ


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング