インクがどろどろ〜っと溶ける!! ちょっぴりホラーだけど目が釘付けになる「溶けるアート」作品

ロケットニュース24 / 2013年9月8日 6時0分

インクがどろどろ〜っと溶ける!! ちょっぴりホラーだけど目が釘付けになる「溶けるアート」作品

暑い日、外でアイスクリームを食べているとすぐに溶けちゃう。どろどろって溶けちゃって、もったない気がするけれど、暑いんだもん。しょうがないよね!

米メイン州ポートランド在住のアーティスト、ベン・デハーンさんのアート作品もかなり溶けているの。かなり、かなり溶けてるよぉ~! 写真って、こんなにどろどろ、どろどろって溶けるものなのかしら?

めちゃめちゃ溶けてるのは、デハーンさんの “Uncured(アンキュアド)”というシリーズ。海外サイト「MY MODERN MET」によると、撮影したモデルさんの写真を、特別仕様のインクジェットプリンターを使い、UV(紫外線)硬化型インクで印刷するんだって。

このインクはその名のとおり、紫外線にあたると固まるというもの。それを、あえて紫外線にあてず、垂直に立てて置いておくと、徐々にインクが流れ落ちて “溶けるアート” が完成するってワケなの。デジタル処理はされていないそうだけど、自然に溶け出したとは思えない溶けっぷりだわッ!

デハーンさんの公式HPでは、インクがどろどろ、どろどろと流れ落ちていく様子を動画で見られるのだ。写真が溶けちゃうなんて……暑い日に見たら、余計に暑く感じちゃうかも!?

寄稿:Pouch
参照元:MY MODERN MET、BEN DEHAAN(英文)


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング