あまちゃんに登場の「復興のミサンガ」の元ネタか / 魚網で作った「浜のミサンガ」で復興支援 / これは欲しい!

ロケットニュース24 / 2013年9月9日 19時19分

あまちゃんに登場の「復興のミサンガ」の元ネタか / 魚網で作った「浜のミサンガ」で復興支援 / これは欲しい!

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』が、いよいよクライマックスへと近づいている。物語は震災後の東北へと進展し、今後の展開がどのようになるのか、日本中の視聴者たちが注目している。

・「復興のミサンガ」を作って支援
そんななか2013年9月9日(月)の放送では、能年玲奈が演じる天野アキが「復興のミサンガ」を作って売ろうと発言。地域住民も「いいと思う!!」と賛同。この流れでいくと、この先の展開でアキは復興のミサンガを作ることになると思うのだが、その元ネタともいえるミサンガが存在しているのだ。

・浜での仕事がなくなった女性たち
そのミサンガは「浜のミサンガ」と呼ばれており、震災によって仕事をなくした海で働く女性たちが、魚網を材料にしてひとつひとつ手作りで作っているもの。公式サイトの紹介文によると「水揚げの手伝い、カキやホタテの殻剥きなど、浜の仕事を元気よく手伝ってきた女性たち」が作ったものとのこと。

・震災で仕事をなくした人たち
ちなみに、10日(火)に放送される『あまちゃん』の番組情報によると、アキが浜辺に放置された魚網を見つけて、それを材料にミサンガを作ろうと思いつく展開だという。それってつまり「浜のミサンガ」と同じではないか! 震災で仕事をなくした人たちが復興のためにミサンガを作るという点もほぼ同じ。

・入手が困難になるのは確実?
いま現在もコンスタントに売れている「浜のミサンガ」。けっこう売り切れることもあるらしいが、『あまちゃん』で放送されることにより、入手が困難になるのは確実といえそうだ。ただ、売り切れる状態が続けば続くほど、復興と支援が着実に進展していることも意味する。以下は「浜のミサンガ」公式サイトに書かれている東北の現状である。

・浜のミサンガ公式サイトのコメント
「震災後、浜の男性たちには、漁業施設の復旧、瓦礫撤去や工事の手伝いなどの仕事が少しずつ生まれてきましたが、水揚げの手伝い、カキやホタテの殻剥きなど、浜の仕事を元気よく手伝ってきた女性たちの仕事は未だ生まれず、途方にくれているのが現実です。そんな中、生来の働き者でもある浜の女性たちが、浜の漁具を使った手仕事を始めました。浜のミサンガ「環(たまき)」づくりです。「環」とは、日本古来のブレスレットの呼称。一つひとつ漁網で編んだオリジナルのミサンガは、明日の活力(仕事)として、被災者の女性たちが中心となって作り始めています」(引用ここまで)

・前に進む展開に自分がくわわる
『あまちゃん』が好きだから! カワイイから! カッコイイから! どんな気持ちからでもいい、何かが前に進む展開に自分がくわわることが大切なのかもしれない。

参照元: 浜のミサンガ環 / 公式サイト


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング