中国のスズメバチの巣の駆除が豪快すぎてヤバイ

ロケットニュース24 / 2013年10月17日 9時0分

中国のスズメバチの巣の駆除が豪快すぎてヤバイ

スズメバチは、強い毒を持ち、攻撃性も強く、毎年死者が出るくらいだ。その巣の駆除方法はいろいろあるが、中国で取られたある方法が豪快すぎると注目されている。

見つかった巣は大きく、しかも高い木の先端部分、細い枝の上だ。とても登って近づけない。だが、このまま放置すると住民が危ない。そんな状況で中国の軍が採用した方法が「マジかッ!!」と、言いたくなるほど豪快なのである。その方法とは……

火炎放射器!!!!!
地上から、「バフォオオオオオオオ」とスズメバチの巣に向かって、火炎放射器をブッ放したのだ! 炎の柱はスズメバチの巣を飲み込み、そのまま空に突き抜けていく。これではスズメバチもひとたまりもないだろう。

火炎放射器を発射したのは成都軍区管轄の砲撃部隊だそうだ。部隊の副指揮官は、「発見したスズメバチの巣はかなり大きなものでした。一度に駆除するのは困難と判断し、協議の結果、火炎放射器で駆除することにしたのです」と話している。

その作戦は見事に成功。動画を見る限り、ほかに飛び火することもなく、スズメバチの巣だけが焼かれたようである。これには、付近の住民は「私達のためにいいことをしてくれた」と、火炎放射器による巣の殲滅作戦に感謝している模様だ。

それにしても地上から火炎放射器を撃ってしまうとは、なんと豪快なことだろう!! 日本で同じ状況が起こったら一体どうやって解決するのだろうか?

参照元:YouTube
執筆:沢井メグ

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング