【超未来的体験】スマホのモックに3Dプロジェクションマッピングを投影! コレが未来のスマホか!?

ロケットニュース24 / 2013年10月30日 16時0分

【超未来的体験】スマホのモックに3Dプロジェクションマッピングを投影! コレが未来のスマホか!?

赤・白・黄色……さまざまな色のスマホがこれまでに登場してきた。でも、自分の好みにビシッと決まるデザインや色のスマホはなかなかないもの。

俺の求めるスマホはいつ出るんじゃい! という要望を将来叶えてくれそうな超未来的体験のできるブースが、神宮外苑で行われている『東京デザイナーズウィーク2013』にあるぞッ!!

・スマホのモックに3Dプロジェクションマッピング投影
その体験ができるのは、サムスン電子の新機種「GALAXY J」と「GALAXY Note 3」が設置されているブース「WHITE IMAGINATION展 inspired by GALAXY」。ここではスマホのモック(模型)に3Dプロジェクションマッピングを投影することができるのだが……。

・3Dプロジェクションマッピングとは
プロジェクションマッピングは聞き覚えのある人が多いと思うが、3Dプロジェクションマッピングとは模型などに直接映像を映す。それを3Dでアートなどの作品を見せる手法である。

このブースはカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルでシルバー賞を受賞した、森ビルの「TOKYO CITY SYMPHONY」クリエイティブディレクター・大八木翼さん(最下部写真)が手掛けている。

大八木さんいわく「3Dプロジェクションマッピングという手法で描かれた新たなGALAXYの世界を体験してほしい」とのこと。プロフェッショナルが手掛けているので、ぜひアートに興味のある人は行っておきたいところだ。

・テント内にある白い手にモックを置くと……
ブースのテント内にある白い手にモックを置くと、GALAXYの機能やコンセプトにインスピレーションを受けた、総勢10組の日本人アーティストの作品が自動的に投影されるというワケだ。記者(私)も何回か置いて試してみたところ、「おおっ!?」と思ったり「すげぇ!」(まったく芸術的ではない感想)と衝撃を受ける作品ばかり!

・気になるので聞いてみた
そのなかでも「お姉ちゃんの足!? 寿司!? 星座!?」とスリーコンボで衝撃を受けた作品をリリースしていた水尻自子さんにインタビューし、どういったイメージで制作したか聞いてみたところ、「GALAXY=星座というイメージで作りました」というお話だった! ハハーッ!! なるほどなるほど!!!

・開催は11月4日まで
よーし芸術の秋なので東京デザイナーズウィーク2013行っちゃうぞー! という人は、11月4日の終了日までに必ず行くように! さまざまな芸術的体験ができるイベントなので、ぜひ行ってみよう。

Photo:Rocketnews24

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング