【まんが】スポーツゲームの隠れた名作『スピードボール』は設定からしてマジ最高の巻

ロケットニュース24 / 2013年11月4日 19時0分

【まんが】スポーツゲームの隠れた名作『スピードボール』は設定からしてマジ最高の巻

本当はスッゲー面白いのに、世間的には全く流行っていないゲーム作品は数多い。たとえば……近未来スポーツゲーム『スピードボール』シリーズもそのひとつ。様々なハードでリリースされたが、最も手軽に遊べたタイトルは、メガドライブ版の『スピードボール2』であろう。

使うボタンはただ1つ。シンプルなルールに、圧倒的なスピード感。そして感じる未来感と金属感。破天荒なゲーム展開……と、非の打ち所のない名作だ(断言)。どんなゲームなのかは、今回ご紹介するマンガを読めば一発で理解できる!

スピードボートの素晴らしさが描かれているのは、漫画家マミヤ狂四郎氏が過去に描いた漫画「マミヤエレクトロ」第23話である。ゲームの「改造コード」をいち早く掲載する『月刊コードエクスプレス』(GAMETECH刊)というマニアックな雑誌での連載であった。

ちなみに「改造コード」とは、ゲームマシンに「改造用アイテム」を装着し「コード」を入れると「裏ワザ」的なことが発生する……といったモノである。例えば所持金が「99999」になったり……だ。漫画のURLは(http://wp.me/p25BsW-1C77)。なお、スピードボール2はiPhone版もリリースされているぞ!!

参考リンク:GAMETECH、iPhoneアプリ「Speedball 2 Evolution」
漫画: マミヤ狂四郎

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング