【衝撃】コーギー犬が絶滅の危機であると報じられる / 世界から悲しみの声「オーマイガッ!」「ノォォオオオ!!!!」

ロケットニュース24 / 2013年11月8日 16時0分

【衝撃】コーギー犬が絶滅の危機であると報じられる / 世界から悲しみの声「オーマイガッ!」「ノォォオオオ!!!!」

コーギー犬の可愛さは異常。あの太くて短い足、ぽってりしたお腹、プリっとしたお尻で、「きゅぅーん☆」と来られたら鼻血ブーッ!! もうキュン死するしかない!

英国エリザベス女王もお気に入りで、各国で愛されまくっているコーギー犬について驚くべき報道がされ、世界に戦慄が走った。なんと、コーギー犬が絶滅の危機であるというのだ。

・コーギー犬が絶滅の危機
コーギー犬こと「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」が絶滅の危機にあると発表したのは、イギリスの愛犬家団体ケネルクラブである。

報道によると、2013年、英ケネルクラブに新たに登録された純血のウェルシュ・コーギー・ペンブロークはたった241頭。「絶滅危惧リスト」入りをまぬがれる要件のひとつである「300頭の登録」に届きそうもないと発表したそうだ。

・コーギー減少の原因は?
英ケネルクラブは、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの減少の要因のひとつとして、フレンチブルドッグのような小さな外国犬種の台頭を挙げている。

また英メディア・テレグラフは、2007年に犬の尻尾を切ることを禁じる「断尾禁止法」が施行が関係しているのではないかと指摘。断尾を禁止することで好みの容姿のコーギーを作れなくなり、繁殖させるブリーダーが減ったのではないかというのだ。

・ネットユーザーの声
「何だって!?」
「ノォォォォォォォオオオ!!! オーマイガッ! ノォォォォオオオオオ!!!!」
「信じられない!」
「そんなのダメ!! コーギーが絶滅しちゃうなんて嫌!」
「コーギーがいない世界なんて……」
「なんて恐ろしいニュース」
「今週見たニュースのなかで一番辛いよ……」
「みんなでコーギーを育てよう!」

・「繁殖に断尾は必要なのか?」という疑問の声も
このニュースには世界中から悲しみの声が多く寄せられている。また、テレグラフの報道に対し「コーギーの繁殖には尻尾を切らなければならないの!?」、「人間の勝手でこんなことに」、「尻尾のあるコーギーがいい、自然で可愛い」という声も上がっている。

あの愛らしいコーギーのいない世界なんて考えられない。保護は必要ないのだろうか? コーギーが絶滅しないためにも、一刻も早い対策が願われる。

参照元:TIMETelegraph(英語)
Photo:Flickr evocateur

この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング