【衝撃グルメ】信じられない! 黄身がつまめる「たまごかけごはん」が絶品の食堂 / あかね農場

ロケットニュース24 / 2013年11月8日 11時15分

【衝撃グルメ】信じられない! 黄身がつまめる「たまごかけごはん」が絶品の食堂 / あかね農場

「たまごかけごはん」が好きな人が10人いたとすれば、その10人すべてが満足するであろう食堂が存在する。ご飯の硬さ、味噌汁の濃度、薬味(トッピング)のセレクション、そして生卵の質、すべてがパーフェクトに近い。
・黄身を指でつまんで持ち上げる
なによりも驚きなのが、生卵の類稀なる特質である。信じられないかもしれないが、黄身を指でつまんで持ち上げることができるのだ。つまり、黄身の膜が他の生卵より上質なのである。もちろん、そこから生まれる味も絶品だ。
・奇跡の卵ともいうべき『つまんでご卵』
逸品ともいうべき「たまごかけごはん」を提供しているのは『たまごかけごはん屋 あかね農場』。ここでは奇跡の卵ともいうべき『つまんでご卵』を使用した「たまごかけごはん」を定食として提供しており、連日、多くの人たちが訪れて舌鼓を打っている。
・。黄身の膜の弾力が非常に強い
『つまんでご卵』はユニークな名称をしているが、他の生卵とは一線を画した卵として知られている。黄身の膜の弾力が非常に強く、それは指でつまんで持ち上げることができるほど(しっかり手を洗うこと!!)。実際に黄身をつまんでみたところ、確かにつまめた! しかも破けることなく、長時間持ち上げられたのである。こ、こ、これはスゴイ!
・サルモネラ菌が検出されたことがない
厚生省が「黄身がつまめるほど強いうちは仮にサルモネラ菌があっても食中毒を起こすほど増殖することはない」と要約できる一文を鶏卵の表示マニュアルに掲載しているとのこと。ちなみに、一度たりとも『つまんでご卵』からカンピロバクターやサルモネラ菌が検出されたことがないという。
・実際に食べてみたが文句なしの絶品料理
しかし、どんな性質があったとしても美味しくなくては「たまごかけごはん」として食べたいとは思えない。実際に食べてみたが文句なしの絶品料理だった。いままで食べてきた「たまごかけごはん」は何だったのかと思ってしまうほど。驚くほど後味が良いのだ。
・濃厚なマッタリ感に味噌汁が合う
濃厚で粘度の高い黄身をしていながら、食べ終えたあと、口の中にいっさい「ベタつき」がないのである。さらに、その濃厚なマッタリ感に味噌汁がビックリするほど良く合う。ご飯を楽しむためだけの生卵ではなく、味噌汁を楽しむための生卵と言っても過言ではない。
・生卵ひとつからたくさんの衝撃を受ける
とにかく驚きと感動の連続だった。こんなにもシンプルな料理から、こんなにもたくさんの衝撃を受けるとは思わなかった。たとえ食堂から遠くに住んでいたとしても、この「たまごかけごはん」を食べるためだけに時間とお金をかけて行きたいと思えるクオリティーだ。ごちそうさまでした。
・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 たまごかけごはん屋 あかね農場
住所 福岡県福岡市博多区上川端町9-154
時間 11:00~20:00
休日 無休(要確認)

Report: Kuzo.

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング