【衝撃サッカー動画】Jリーグで近年まれに見るヒドいプレーが炸裂! GKがハイボールをキャッチ → ボールを蹴り出す → 相手に当たって自陣ゴールへ

ロケットニュース24 / 2013年11月11日 20時0分

【衝撃サッカー動画】Jリーグで近年まれに見るヒドいプレーが炸裂! GKがハイボールをキャッチ → ボールを蹴り出す → 相手に当たって自陣ゴールへ

プロのサッカーの試合ではスーパープレーが生まれる一方で、信じられないくらいのヒドいプレーも起きることもある。選手もひとりの人間なのでミスもあり、仕方のないことなのだが……。

そんななか、先日行なわれたJリーグの試合で、近年まれに見るヒドいプレーが炸裂したと話題になっている。今回はその様子を動画「2013.11.10 アルビレックス新潟大分GKやっちまったぁーー!おぉ痛ーー!」と合わせてご紹介したい。

・J1での出来事
話題になっているプレーは、2013年11月10日に行なわれたJ1第31節・大分トリニータ vs アルビレックス新潟の試合でのものだ。この試合の前半11分過ぎに大分の GK 清水圭介選手のひとつのプレーから突如としてゴールが生まれるぞ。

・一連の流れ
攻めるオレンジ色のアルビレックス新潟に対して、守る青の大分トリニータ。そのシーンを簡潔に表すと次のようになる……

ハイボールを大分 GK 清水選手がキャッチ → カウンターを狙ってすぐにボールを蹴り出す → 新潟 FW 田中達也選手に当たる → 跳ね返ったボールは大分ゴール内へと吸い込まれる

……といった流れだ。このプレーに清水選手はうなだれるしかなく、少し気の毒にもなってくる。

・このプレーに対するネットユーザーの反応

「これはヒドいwww」
「大分の清水ひでぇw」
「ドンマイ過ぎるw」
「なんですかコレ(笑)」
「大分のGK清水はあれはないな~」
「あのゴールでは田中達也も喜びようがないですね」

などなど。ミスはミスで仕方なくドンマイといったものや、このプレーはヒドすぎるというコメントが多くを占めた。また、これでは田中選手は喜びようがないだろうという声も多く見られたぞ。

ちなみに試合はこの失点後に大分が同点に追いつく場面があったが、前半44分と後半11分に追加点を奪われ、1ー3で新潟が勝利。ホームでの初勝利を目指して戦った大分だが、またしても敗れる結果となってしまった。

参照元:YouTube
執筆:原田たかし

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング