「もしもGoogleがパソコン通信の時代にあったら」というサイトがスゴい / ピーピーガーガー鳴りながらちゃんと動く!

ロケットニュース24 / 2013年11月20日 7時0分

「もしもGoogleがパソコン通信の時代にあったら」というサイトがスゴい / ピーピーガーガー鳴りながらちゃんと動く!

インターネットが普及する前の時代に、パソコンを使って世界のユーザーと交流を交わす手段といえば、電話回線を使う「パソコン通信」であった。電話回線にモデムをつなげ、世界に散らばる「掲示板(BBS)」にアクセスをし、文字だけで交流するのだ。

質素な画面に、夢があった。23時〜翌朝8時までのテレホタイムに生きていたあのころ。毎日聞いていたモデム音……。そんな甘酸っぱい思い出を思い出させてくれるサイトを、今回はご紹介してみたい。ずばり、「もしもGoogleがパソコン通信の時代にあったら」というサイトである。

サイトの名前は『Google BBS Terminal』。まずはアクセスしてみよう。そして耳を澄ませば……ピーピーガーガーのモデム音! 勝手に「C:\DOS\BBS\GOOGLE>google.com」とアクセスを開始し、文字だけのGoogle画面が表示されるのである!

ちなみに、この画面はちゃんと動作する。マウスは不要だ。「s」を押せば文字入力が可能となり、検索したいワードを入力したらリターンキー。すると、またもやモデム音が鳴り響き、文字だけの検索結果が表示されるのだ!

なお、検索結果は「OPTION CODE NUMBER」の数字キーを押せば、ちゃんとリンク先に飛ぶことが可能。しかもしかも! キーボードの付いていないスマホからアクセスすると、ビジュアル的なキーボードが表示され、それもちゃんと動くのだ!! 芸が細かい。懐かしい……!!

参照元:Google BBS Terminal(英語)
執筆:GO羽鳥

画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング